病院

MENU

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談

小論文というのを人生で何度も書いたことがある、完璧に書ける、という人はどれくらいいるでしょうか?おそらくそんなに多くはないと思います。しかし、最近は小論文を試験に設けている、というところは意外に多いです。病院薬剤師もその例外ではありません。せっかく面接と履歴書は完璧にできたのに、小論文で引っかかってしまい採用がもらえなかった。こういう事態はできることなら避けたいですよね。しかし、小論文を事前に対策...

就職活動をする際に必ず用意しなければならないものがあります。それは、履歴書です。履歴書は就職や転職に関わらずアルバイトの面接などでも必要になります。しかし、これが問題なのです。アルバイトをしたことがある人であれば当然履歴書を書いたことがあります。だから自分は履歴書の書き方は完璧、という風に油断してしまうんですね。ですが意外にしっかりと正しく履歴書を書いているという人は少ないです。アルバイトの面接で...

病院薬剤師とはどのような仕事でしょうか。薬剤師の中にも病院薬剤師のように病院で働く薬剤師や、企業で働く薬剤師。また、薬局などで働く薬局薬剤師というのがあります。もちろんそれぞれに特徴や仕事内容の違いがあります。病院薬剤師の場合は病院で基本的に働くことになります。そして、その病院を受診した患者さんが医師から受け取った処方箋を持って病院薬剤師のもとに訪れるわけです。その処方箋を受け取った病院薬剤師はそ...

病院薬剤師への就職や転職を考えている、という人は多いですがその全ての人が病院薬剤師の業務内容を把握しているわけではありません。一度でも病院に行ったことのある人なら大抵薬剤師にお世話になっていますから、わざわざ調べなくても薬剤師の業務内容なんて言うのはなんとなくわかります。ですが、一生就くかもしれない仕事を、なんとなくしか把握していない、というのもなんだか不安ですよね。ということで今回は病院薬剤師の...

仕事に就くと楽しいことばかりではありません。辞めたいという愚痴や悩みというのも当然生まれてきます。ですが、どのような悩みが生まれてくるのかはその仕事によって様々です。病院薬剤師の場合、どのような愚痴や悩みが多いのでしょうか?今回はその辺りのことを書いていきたいと思います。病院薬剤師の場合、その職場が複雑なため人間関係に関する悩みは多いようです。調剤薬局の薬剤師の場合、職場内での人間関係が少ないとい...

薬剤師という仕事に限った話ではありませんが、仕事をするのであればその仕事にやりがいを見出せるか、その仕事に魅力を感じることができるのかというのは大切な問題になってきます。やりがいや魅力のある仕事であれば長く続けることもできますし、その仕事に対して誇りを持つこともできますから、色んな意味でプラスな要素があるのです。病院薬剤師の魅力というものも当然あります。薬局の薬剤師よりも近い距離で患者さんと関わる...

仕事をするうえでその仕事を行うメリットやデメリットを考えるのは大切なことです。勿論自己利益だけが仕事を選ぶ理由ではないかもしれませんが、その仕事をするとどんなメリットがあるのか、ということはその仕事の魅力にも繋がってきますから、知っていて損することはありません。病院薬剤師の場合はどうでしょう。病院薬剤師の場合、薬局薬剤師や企業薬剤師よりも遥かに親密に患者さんと関わることになります。病院薬剤師は薬剤...

病院薬剤師とはどのような仕事なのでしょうか。病院薬剤師の役割という部分を今日は考えてみたいと思います。病院薬剤師の他にも薬剤師として働く人は薬局であったり企業であったりたくさんいます。その中で病院薬剤師の大きな仕事は、薬の受け渡しと薬の管理というのが主です。大きな病院の薬剤師の場合は薬局の薬剤師よりも近い距離で患者さんと関わることになります。その中で受け取った処方箋に書かれている薬の飲み合わせや、...

人間関係が良好な職場で働きたい。そんなのは誰でもそうですよね。誰も人間関係の険悪な環境で働きたくなんてありません。病院薬剤師の人間関係はどうなのでしょうか?一般的に病院薬剤師の人間関係は他の調剤薬局で働く薬剤師や企業薬剤師なんかと比べると複雑だといわれています。それは、病院薬剤師の関わる人間関係が薬剤師の中ではかなり多いからだといわれています。同じ職場の薬剤師は勿論のこと、治療の根幹から支えること...

残業や夜勤、土日の出勤というのはできることならしたくはないですよね。特に家族や子供がいる人であればプライベートの時間を安定して確保できないから、尚更この部分は働くうえで重視すると思います。では、病院薬剤師の場合こういったことはどうなっているのでしょうか?結論から言うのであれば、病院薬剤はかなり働きやすい仕事だと思います。基本的にはそんなに残業なんていうのはありませんし、土日の休みもある程度確保でき...

働く際には勤務時間は気にしなければなりません。自分一人なら良いかもしれませんが、結婚して家族や子どもがいる場合にはこういった面はかなり重視すべき点になってくるのです。病院薬剤師の場合はどうでしょうか?勤務時間はきついのか?残業や夜勤、突然の出勤など、様々なことについて調べてみました。病院薬剤師のように薬剤師の資格を活かした仕事というのは基本的に勤務時間はそんなに厳しくないのが現状です。基本的には定...

この仕事に就きたい。この仕事を一生続けたい。少なからずそういった希望を抱いている人は多いと思います。しかし、当たり前のことですがそう思ったからと言って誰でもその仕事に就けるわけではありません。勿論病院薬剤師も同じです。一つの病院に対して、沢山の薬剤師が面接を受けにくるのです。勿論倍率などは地方なのか、大きい病院なのか小さい病院なのかによって変わってきますが、少なからず関門は用意されています。その代...

薬剤師という仕事に対して需要はあるのでしょうか?薬剤師の仕事に就きたいけれども薬剤師の需要がなければ求人も少ないし、簡単に就職ができないのではないか?また、需要のない仕事をすることに対してやりがいを感じることができずに辞めてしまう場合もあるのではないか。そんな心配をしてしまうのは当然のことです。実際、薬剤師の人数は増えてきているといわれています。薬剤師市場が飽和状態になれば就職や転職をするのは簡単...

就職や転職をする上ではその仕事の就職率や離職率を調べることはとても大切になってきます。病院薬剤師の場合はどうでしょうか?ということで今回は病院薬剤師の就職率、離職率ということを調べてみることにしました。しかし、残念ながらピンポイントに病院薬剤師の就職率や離職率といったデータは存在しませんでした。その代わりに薬剤師全体の就職率や離職率を扱ったページは存在しました。そこにも具体的な数字はありませんでし...