病院薬剤師はやりがいがある?仕事の魅力について考える

MENU

病院薬剤師はやりがいがある?仕事の魅力について考える

薬剤師という仕事に限った話ではありませんが、仕事をするのであればその仕事にやりがいを見出せるか、その仕事に魅力を感じることができるのかというのは大切な問題になってきます。

 

やりがいや魅力のある仕事であれば長く続けることもできますし、その仕事に対して誇りを持つこともできますから、色んな意味でプラスな要素があるのです。病院薬剤師の魅力というものも当然あります。

 

薬局の薬剤師よりも近い距離で患者さんと関わることができる、というのは魅力の一つだと思います。親密にコミュニケーションをとることができれば、薬の飲み合わせなどの説明も当然何度も色んな人にすることになりますし、その度薬のい知識や説明の仕方などが身についていきますのでスキルアップが早い段階で可能です。

 

また、時には病院側と連携し、患者さんの様態を診ながら薬の量や種類に問題はないかなどを確認して薬を渡すことになりますから、大きな責任を持つことになる、やりがいのある仕事でもあります。

 

そういった経験が積み重なり、薬剤師から管理薬剤師にステップアップすることができれば、更に仕事に対するやりがいというのは増します。そして、管理薬剤師となれれば責任や仕事内容だけではなく、年収面でみても増えることになりますから、尚魅力的です。

 

病院薬剤師という仕事自体、職場に何人も薬剤師がいるというわけではありません。ですから、そこに定期的に訪れる患者さんに顔を覚えてもらえる可能性も高いです。そういうことが続いて、その薬剤師の顔になることができれば、より薬剤師としての仕事に魅力ややりがいを感じることができるのではないかと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談