転職前に考えよう!病院薬剤師のメリットとデメリット

MENU

転職前に考えよう!病院薬剤師のメリットとデメリット

仕事をするうえでその仕事を行うメリットやデメリットを考えるのは大切なことです。勿論自己利益だけが仕事を選ぶ理由ではないかもしれませんが、その仕事をするとどんなメリットがあるのか、ということはその仕事の魅力にも繋がってきますから、知っていて損することはありません。

 

病院薬剤師の場合はどうでしょう。病院薬剤師の場合、薬局薬剤師や企業薬剤師よりも遥かに親密に患者さんと関わることになります。病院薬剤師は薬剤師の資格を持つ中では最もその力を発揮できる職場ですし、必要に応じて病院や医師と積極的に連携していくことになります。

 

そういった経験は他の薬剤師を生かした仕事では絶対に得られないものも沢山ありますし、チームでの連携にやりがいを見出すこともできます。また、薬の知識も早い段階で頭に入りますし、患者さんとコミュニケーションを取ることで飲み合わせや注意事項の説明をする機会も沢山増えるので覚えた知識が抜けていくこともありません。

 

しかし反面、狭い職場でもありますから、人間関係というものには特に敏感にならなければいけません。一度周りとトラブルを起こしてしまうと一気に居心地の悪い職場に早変わりしてしまいますから、同僚や先輩とのトラブルには注意しなければなりません。

 

また、薬剤師という仕事柄薬の知識は沢山つくかもしれませんが、ビジネススキルや一般的なマナーという面ではそんなにスキルアップできない、というデメリットもあります。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談