病院薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

MENU

病院薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

病院薬剤師とはどのような仕事でしょうか。薬剤師の中にも病院薬剤師のように病院で働く薬剤師や、企業で働く薬剤師。また、薬局などで働く薬局薬剤師というのがあります。

 

もちろんそれぞれに特徴や仕事内容の違いがあります。病院薬剤師の場合は病院で基本的に働くことになります。そして、その病院を受診した患者さんが医師から受け取った処方箋を持って病院薬剤師のもとに訪れるわけです。

 

その処方箋を受け取った病院薬剤師はそこに書かれている薬を患者さんに処方する、というのが一連の流れです。しかし、病院薬剤師の仕事は単純に言えばこれだけですが、正確にはもっと奥が深いのです。処方箋を見て薬の飲み合わせなどは当然見なければいけませんし、どんな時間に薬を飲んだ方がいいのか、どのタイミングで薬を飲んだ方がいいのかなどを患者さんに説明するのも病院薬剤師の仕事になります。

 

薬を患者さんに渡すだけではなく病院薬剤師は薬の管理も行っています。薬の保存には適切な湿度や温度であったり日光などもあります。それを守らず薬を管理してしまうと本来の効果が失われてしまうという場合もあるので、これは大切な仕事なのです。病院薬剤師の場合はこの仕事をする上ではどの薬がどのような保存状態が良いのかというのも当然把握しなければいけませんし、それ以外の薬に関する知識というのも当然身に付けていかなければなりません。

 

このように病院薬剤師の仕事は実に多くありますが、やはり他の薬剤師と違うところは医師と連携をしていくことがあるということが大きいです。時には患者さんの様態に合わせてカルテを見て薬選びを考えたりする場合もありますし、薬剤師という資格をもつ中で最もやりがいを感じられる仕事だと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談