就職・転職前にチェック!病院薬剤師の仕事に需要はあるのか?

MENU

就職・転職前にチェック!病院薬剤師の仕事に需要はあるのか?

薬剤師という仕事に対して需要はあるのでしょうか?薬剤師の仕事に就きたいけれども薬剤師の需要がなければ求人も少ないし、簡単に就職ができないのではないか?また、需要のない仕事をすることに対してやりがいを感じることができずに辞めてしまう場合もあるのではないか。

 

そんな心配をしてしまうのは当然のことです。実際、薬剤師の人数は増えてきているといわれています。薬剤師市場が飽和状態になれば就職や転職をするのは簡単ではありません。単純な地域の薬剤師に対するニーズというのも当然大切になっては来るのですが、市場の需要というのも大切になってきます。

 

ということで今回は薬剤師の需要ということについて調べてみることにしたのですが、薬剤師の需要があるのかないのかということについては中々議論が難しいです。というのも、確かに薬剤師の人数自体は増えてきているのです。しかし、同時に増えてきているのは薬剤師の人数だけではないのです。薬剤師の求人を調べてみました。

 

薬剤師が飽和状態と叫ばれている一方で薬剤師の求人の数も増えてきています。このことを見て分かったのですが、需要と供給の両方が増えているのです。なので今すぐ薬剤師が不要になるだとか就職や転職が難しくなるといった問題は起こらなそうです。

 

また、薬学大学は6年制なのですが、留年などもあるのでその年ごとの卒業生の人数には結構な違いが出るんだとか。こういったことを考えてみると、薬剤師が増えたというよりも、増える年もある、という風に考えたほうがよいかもしれませんね。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談