他とは一味違う病院薬剤師の役割とは?

MENU

他とは一味違う病院薬剤師の役割とは?

病院薬剤師とはどのような仕事なのでしょうか。病院薬剤師の役割という部分を今日は考えてみたいと思います。病院薬剤師の他にも薬剤師として働く人は薬局であったり企業であったりたくさんいます。

 

その中で病院薬剤師の大きな仕事は、薬の受け渡しと薬の管理というのが主です。大きな病院の薬剤師の場合は薬局の薬剤師よりも近い距離で患者さんと関わることになります。その中で受け取った処方箋に書かれている薬の飲み合わせや、副作用の説明を行ったりするのか病院薬剤師の役割なわけですが、薬局薬剤師と違い病院薬剤師の場合はその病院を受診しに来た患者さんが訪れることになりますので比較的同じ人が訪れるということが多いです。

 

そういった人たちと定期的にコミュニケーションを取るということも当然大切です。また、薬の管理という面でも病院薬剤師が行う仕事は多いです。病院側の方から薬に関する質問などを受けた場合にもそれを説明するのが病院薬剤師の仕事になりますし、また、薬には当然賞味期限がありますからそういった物を管理するのも病院薬剤師の役割になります。

 

薬には賞味期限以外にも保存場所であったり副作用、他にも効能などの情報もありますから、そういった情報も含めてまとめて病院薬剤師が管理することになります。と、このように病院薬剤師の役割は非常に多く、その役割は病院の中ではなくてはならない存在なのです。通常の業務の中にはこの他の業務も当然あります。扱っている薬の数は非常に多く、分からないことも出てくることがあります。それらを製薬会社に問い合わせるのも病院薬剤師の仕事になります。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談