薬局

MENU

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談

働く前に重要視しておきたい、求人探しの判断材料にしたい項目の一つに勤務時間というのがあります。勤務時間は職場へのアクセスや給料などと並びとても大切な項目ですよね。周に何日働かされるのか、土日は休めるのか、残業や夜勤といった時間外勤務や特殊時間での勤務は存在するのか。どんな仕事をするにもそれらは事前に調べておいた方が良いです。今回は調剤薬局の薬剤師の勤務時間について調べたいと思います。先ず、一番調べ...

一般という言い方が正しいのかはわかりませんが、今回は薬局薬剤師の給料は他の薬剤師資格を使った仕事の年収などと比べて高いのか、或は安いのか、ということを考えていきたいと思います。先ず、そのためには薬局薬剤師の年収を考える必要があるのですが、これが中々難しいのです。病院薬剤師などの場合もそうなのですが、薬局薬剤師の場合にもどれくらいの規模の薬局で働くのかによって大きく年収が変わってきてしまうのです。一...

調剤薬局の薬剤師ってどれくらいの給料をもらえるのでしょうか?突然ですがそんなことを思いました。あまり気にしたことがある人はいないかもしれませんが、調剤薬局の薬剤師として就職、転職を考えている人は気になりますよね。また、薬剤師の資格を使った仕事というのは幾つかありますが、他の仕事と比べて調剤薬局の薬剤師は高いのかどうかというのも気になるところです。給料を基準に仕事選びを考えている人は尚更です。では、...

調剤薬剤師は最近人気の仕事の一つです。薬と処方箋の交換や、服薬指導、薬品の管理とその仕事は幅広いですが、訪れる人の健康を見守っていくというとてもやりがいのある仕事ですからね。しかし、調剤薬剤師になりたいと思ったからと言って誰でもなれるのでしょうか?調剤薬剤師には誰でもなれるわけではなく、何かしらの経験であったり資格が必要なのではないか?そう思った人もいると思います。実はその通りなのです。調剤薬剤師...

薬局薬剤師の勤務時間はどのようになっているのでしょうか?働く前と後で予想していた勤務時間と大きなずれがあったら働くことができなくなる場合などもありますから、こういうことは早い段階で知っておきたいですね。先ず、薬局薬剤師の給料を時給制にしているのか、年俸制にしているのかによって結構違いが出てきてしまうのです。薬局薬剤師にも他の大半の仕事同様労働基準法が適用されますので、基本的には週に40時間しか働い...

仕事をしていると、その仕事でしか得ることのできないメリットや、反対にその仕事しかできないことで受けるデメリットのようなものが必ず存在するものです。スキルという面で見てもすべてのスキルが上達する仕事なんて存在しませんからね。調剤薬局の薬剤師の場合も同じです。働いていればメリットやデメリットが必ずあるものです。デメリットの部分に関しては多少諦めるしかないかもしれませんが、メリットに関しては別です。働く...

薬局薬剤師とはどのような仕事なのでしょうか。病院に一度でも行ったことのある人であれば当然その後処方箋を出してもらい、その処方箋を持って薬局などに行き、薬剤さんにその処方箋を出します。その後薬剤師さんから薬を受け取るという工程がありますから、だいたい薬剤師になったことのない人でも薬局薬剤師が仕事どのようなものなのかは想像ががつきます。しかし、それは外から見ているだけで、実際に薬局薬剤師として働くと外...

突然ですが、仕事の向き不向きというのを考えたことがあるでしょうか?就職活動の場合には働く前からそんなことを考えても仕方ないと思う人もいるかもしれません。実際それは一理あります。仕事に対する適性は働く前には持っていなくても、働き出してから身につけることができるものも多くあります。なので、仕事をする前から仕事の適性がある、ないなんていうことを考えていても仕方ないのかもしれません。ですが、それを知ってい...

薬局薬剤師の仕事や業務内容というのはどのようなものがあるのでしょうか。薬剤師といっても薬局薬剤師の他にも病院薬剤師や、企業薬剤師など数多くの仕事が存在します。それぞれで当然行う仕事に違いがあり、やりがいや魅力というものも変わってきます。薬局薬剤師の主な仕事としては、自分の働いている職場に訪れた処方箋を持った人から処方箋を受け取り、そこに書かれている薬を調剤してお渡しするということがあります。これは...

新卒で薬局薬剤師になるためにはどのように求人を探せばよいのでしょうか。最初は周りも同じスタートラインに立っています。もちろん卒業した大学のレベルなどによっては多少の違いが出てくるかもしれませんが、それでも新卒であれば自分が希望する薬局への転職を叶えるということは決して難しい事ではありません。求人を探すためのポイントとしてはいくつか大切なことがありますが、まず押さえておきたいのが求人探しの媒体という...

仕事をする時間というのは働くうえでは重要になってきます。社会人になったら残業や、日曜日はなくても土曜日の出勤はザラにあるものです。しかし、詳しいところは職種によってかなり変わってきます。なので、働く前にその仕事の詳しい勤務時間を把握しておくことはとても大切なのです。薬局薬剤師の場合はどうでしょう?基本的には残業などはあまりないそうです。勿論全くないというわけではないですが、大幅に帰る時間が遅れて生...

調剤薬局の薬剤師とはどのような仕事を行うのでしょうか?病院薬剤師や企業薬剤師など、薬剤師が活躍する場は色々ありますが、特徴やあり方というのも仕事の数だけ存在すると思います。ということで今回は調剤薬局の薬剤師の特徴やあり方ということを書いていきたいと思います。まず、調剤薬局の薬剤師の場合、他の薬剤師とは違い、相手にする人が地域の人となってきます。病院薬剤師の場合であれば入院患者を相手に服薬指導を行っ...

働くうえでは人間関係は大切にしたいですよね。高校や大学の友人関係などもそうですが、職場における人間関係というのは大切になってきます。それが良いか悪いかが直接的に生活に影響してきますからね。調剤薬局で薬剤師として働く場合、人間関係は良好なものなのかどうか、ということを調べたいと思います。しかし、タイトルに関して違和感を覚えた人は多いと思います。そもそも調剤薬局の人間関係とはなんぞやと。人間関係という...

薬局薬剤師として働きたいという風に考える人は結構多いと思います。しかしどうすれば薬局薬剤師になることができるのかということを知っている人は実際どれくらいいるのでしょうか。薬局薬剤師になるために、資格であったり何かしらの経験が必要なのかということを今回は書いていきたいと思います。いきなり結論を書いてしまうのであれば、薬局薬剤師には誰でもなれるというわけではありません。薬局薬剤師になるためには薬剤師資...

薬局薬剤師に就職や転職をする際には面接を行ったり履歴書を書いたり様々なことを行います。そして、場合によってはそれ以外の課題を設けているところもあります。小論文というのもそのうちの一つです。薬局薬剤師の就職試験には必ず小論文の課題がついてくるというわけではありません。しかし、実際にそのような課題を設けているという話は聞きます。ですから、何も準備しないで小論文で落ちてしまったという話もあります。小論文...

調剤薬局の薬剤師として働くとどれくらいの給料をもらうことができるのでしょうか?これは調剤薬局で薬剤師として働きたいと考えたことのある人なら一度は疑問に思ったことがあると思います。また、他の薬剤師職と比べてみたとき調剤薬局の薬剤師は多く給料をもらえているのかどうなのかということも気になりますよね。という事で今回は調剤薬局の薬剤師の収入、ボーナス、年収などを書いていきたいと思います。職場環境や地域など...

調剤薬局で働く際に履歴書を書く必要があります。調剤薬局に限らずとも企業面接などでは必ず履歴書を書きますよね。ですが、正しく履歴書が書けないと不採用にされる可能性は高くなります。勿論履歴書が全てではありませんが、できることならば正しく書きたいですよね。ということで、今回は調剤薬局の薬剤師になる際の基本的な履歴書の書き方について書いていきたいと思います。しかし、実際の所調剤薬局の薬剤師でもその他の企業...

調剤薬局で薬剤師として働くのに向いている人、そして向いていない人とはどういう人なのでしょうか。調剤薬局で薬剤師として働こうと思っている人ならば絶対に抑えておきたいポイントですね。勿論、働く前から向いているだとか向いていないだとか考えすぎるのは良くないかもしれません。働き出してから才能やスキルを発揮する人も実際いますからね。しかし、ある程度の目安として知っておくのも良いと思うので書いていきたいと思い...

薬局薬剤師として働きたいと思い立ったら最初に求人を探しますね。そしてそこに応募をするわけですが、その後に何が待っているでしょう?一般的には面接などを行う場合が多いです。そう、面接です。アルバイトなどでも面接は行いますが、アルバイトの面接と就職や転職の面接は大きく違います。なので、アルバイトの面接経験があるというだけで油断をして対策を立てないのは非常に危険です。では、薬局薬剤師の面接ではどういった点...

調剤薬局の薬剤師として働きたい、と思ったらまず最初にすることはなんでしょうか?職場探しだと思います。求人を探し、その中から自分が働きたいと思った求人を見つけ、そして応募するのです。ですが、もしも理想の職場を見つけることができたとしても、そこからも問題があります。就職希望先との面接などを行い、そこで採用をもらわなければならないのです。ここまでで調剤薬局の薬剤師として働くために求人探しと面接、という二...

薬学大学を出て、いよいよ新卒。待ちに待ったかどうかはわかりませんが就職活動が始まるわけです。しかし、新卒で初めての就職活動、正直右も左もわかりませんよね。でも当然内定はほしい。では、新卒で無事に内定をゲットするためにはどのように就職活動を行っていけばよいのでしょうか?ということで、今回は新卒で就職活動を行う際の就職術、というテーマで進めていきたいと思います。先ず、最初にやっておくべきこと、というよ...

薬局薬剤師の収入、つまりは年収はどのようになっているのでしょうか?薬局薬剤師として働きたいと考えている人であれば是非とも知っておきたいことですよね。ということで今回は薬局薬剤師の収入について調べてみることにしました。先ず、データを探してこようと思ったのですが薬局薬剤師、というものではなく薬剤師全体の収入のデータしか引っかかりませんでした。それを載せても良いのですが、薬剤師といっても給料の高い産業薬...

調剤薬局で薬剤師として働く際、面接などの際に別の課題を用意されることがあります。小論文というのもその一つです。最近でもどれくらいの割合で小論文が出されるのかといったしっかりとしたデータはないまでも、実際に書かされるという例は存在しています。ですから、事前に小論文の対策を立てておくことは大切です。しかし、小論文と言っても何を書けば良いのか、具体的に分かっている人はそんなにいないと思います。小論文とい...

年齢制限というのはしばしば問題になってきます。どんなに仕事をするやる気があったとしても、その仕事に年齢制限が存在した場合は働くことができません。なので、就職活動はもちろんのこと、現在の職場に不満があり転職を考えている、という場合でもその仕事の大体の年齢制限を(もしも存在するのであれば)把握していなければなりません。調剤薬局の薬剤師の場合はどうでしょうか?薬剤師資格をもっていないと就くことのできない...

仕事をしているとその仕事の内容によって様々な悩みや愚痴が生まれてくるものです。どのような愚痴や悩みを感じるのかは人によって様々です。しかし、当然ある程度職種によって愚痴や悩みの種類は同じようなものになってきます。薬局薬剤師として働いていきたいけれど、どのような悩みを抱くことになるのか分からないので不安なことがあるという人はいると思います。事前に悩みの内容を聞いたからと言ってそのことで悩まないという...

仕事をする上ではその仕事に対するやりがいであったり魅力というものは大切にしたいですよね。人に自分が何の仕事をしているか話す際に、その仕事を誇れていないというのは、私だったら嫌です。仕事のやりがいや魅力、ということを考えたとき、調剤薬局の薬剤師にはどのようなやりがいや魅力があるのでしょうか?調剤薬局の薬剤師は処方箋を持ってきた人に対して書かれている薬に問題がないかを確認し、問題がなければその薬を用意...

調剤薬局の薬剤師に需要はあるのでしょうか?そんな疑問が生まれました。最近では薬剤師の人数がかなり増えてきています。当然市場は飽和状態になります。そうなると調剤薬局にも応募が殺到しますよね?となると、今調剤薬局で薬剤師として働くのはとても難しいのではないかと思い調べてみたのです。ですが、実際どうだったのかというと意外に調剤薬局の薬剤師の需要は安定していました。少なくとも今後数年で需要がぱたりとなくな...

薬局薬剤師になりたいと思ったからといって誰でも薬局薬剤師になれるわけではありません。自分が働きたいと思った薬局の求人を探し、そこに応募したら面接を受ける必要があります。しかし面接というので意外に落とされてしまう人が多いのです。ということで今回の薬局薬剤師の求人の探し方と、面接のコツということを中心に書いて行きたいと思います。まず求人の探し方ですが、これは雑誌などの紙媒体を使うよりもインターネットな...

仕事をする場合、その仕事をする人の、その仕事に対する適性というのが大切になってくるというのをご存知ですか?ご存知ですか?というよりも考えてみれば当たり前の事なのです。その仕事に向いていない人はその仕事をしていても楽しめない場合が多いですし、仕事上でミスをする可能性も高いです。何より面接の段階で振り落されてしまう場合も少なくないです。では、ドラッグストアの薬剤師の場合、適性とはどのようなものがあるの...

ドラッグストアで薬剤師として働く場合にはどのような仕事があるのでしょうか。他にも薬剤師の資格を活かす仕事というのはありますが、ドラッグストアで働く薬剤師特有の特徴やあり方というものも当然あると思います。今回はその辺のことについて説明していきたいと思います。まずドラッグストアで薬剤師として働く場合に他の薬剤師資格を生かした仕事と何が最も違うかと言うと、やはり接客の量ということになるでしょう。ドラッグ...

仕事をする上ではその仕事を行うメリットやデメリットというものが存在します。例えば接客関連の仕事をしたとすれば、客商売ですから接客に対するスキルや言葉遣いのマナーは身に着けることが出来るでしょう。しかし、その分全員が全員良いお客さんではありませんから、ストレスが溜まることもあるというデメリットも存在します。ドラッグストアで働く薬剤師の場合はどうでしょう。この職業にも当然メリットやデメリットが存在しま...

突然ですが、働く理由というのは沢山あると思います。しかし、一番多い理由はやはりお金や生活の為ではないでしょうか?まぁ当たり前ですよね。働かなくて良いなら働かないという人は多いでしょうし。それだけ給料というのは大切な項目になってくるのです。ドラッグストアで薬剤師として働く場合、どれくらいの給料をもらうことができるのでしょうか?その額は高いのかどうかを考えていきたいと思います。しかし、何を基準に高い安...

収入やボーナス、年収は働く前に調べておきたいですよね。ドラッグストアで薬剤師として働くとどれくらいの収入を受け取ることができるのか。気になりませんか?特にこの職に就職や転職を考えている人なら是非とも知っておきたいですよね。先ず、ドラッグストアの薬剤師の年収というのは正確な数字をはじき出すのは難しいです。平均は勿論あるのですが、こちらもかなり差があります。ちなみにドラッグストアの薬剤師の年収は400...

ドラッグストアで薬剤師として働くためには資格や経験は必要なのか。こういった疑問はしばしば耳にします。実際にドラッグストアで薬剤師として働こうと考えない限りはそんなに深く調べたりもしない疑問ですよね。ドラッグストアに行けばたいてい薬剤師の姿は目にします。ですが、彼らに直接何かしらの資格が必要なのかと問うのもなんだかハードルが高い気がします。ということで、今回はドラッグストアで薬剤師として働く際の資格...

ドラッグストアで働く薬剤師の就職率や離職率はどうなっているのでしょうか?最近は駅前などには必ず薬局がありますね。そこには当然薬が売られており、薬剤師が勤めているわけですが、そんな薬剤師の就職率や離職率、気になりますよね。最近は薬剤師の人数が増えてきたのもそうですが、薬局の売り上げが店舗数の割に伸びていないことから登録販売員を増やしているところも多いようです。そういう意味ではドラッグストアで働く薬剤...

大学の卒業を控えて、いよいよ就職活動。しかし、どのように就職活動を行えばよいのかわからない、という人は意外に多いと思います。人生で初めての就職活動ですし、アルバイトの面接などとはわけが違いますから、混乱したり不安に思うのは当然でしょう。では、新卒でドラッグストアの薬剤師になるためにはどのような手順を踏んでいけばよいのでしょうか?まず、求人を探すというところから始めなければいけません。紙の媒体を使っ...

人間関係とは生きている上で必ずといっていいほどついてきます。それは職場でもプライベートでも同じです。しかし、プライベートとは違い職場の人間関係は自分の意志で切れないですし、場合によっては転職をしなければならないこともあります。なので、できることならば職場の人間関係は良好な方が良いですよね。ドラッグストアの薬剤師の場合は、人間関係は良いのでしょうか?と言っても実際には人間関係というのはそこに勤める人...

小論文というのは意外に大変な課題です。しかし、そのくせ最近の就職活動や転職活動の試験では頻繁に見かけるものでもあります。ドラッグストアの薬剤師の場合はどうでしょう?必ず出題されるというわけではありませんが、ドラッグストアの薬剤師における就職、転職試験の中でも小論文の課題が出題される場合があります。しかし、このことを知らない人も意外に多いのです。なので、いざ試験当日になってから小論文があったことを知...

ドラッグストアには必ずといっていいほど薬剤師さんがいます。薬剤師資格を持っている人の中では、現在の職場から薬剤師の資格を活かせるドラッグストアへの転職を考えている人がいると思います。転職でなくても新卒でドラッグストアの薬剤師として働きたいと考えている人も当然いるでしょう。しかし、具体的にドラッグストアで働いている薬剤師さんは何をして働いているのでしょうか。病院薬剤師や企業薬剤師とは当然業務内容が異...

ドラッグストアの薬剤師として働こうと思い、求人に応募したとします。その際に用意しなければならないものがあります。それは履歴書です。履歴書は面接官に自分を判断してもらう材料の一つで、非常に重要になります。ですが、履歴書を綺麗に書けると自信をもって言える人は少ないです。また、そうにも関わらず履歴書に対して何の対策も立てずに、悪く言えば適当に書いてしまうという人もいます。しかしそうなると採用は一気に遠の...

仕事をすると様々な悩みが浮かんでくるものです。しかし、その悩みや愚痴の悩みは仕事によって様々です。ドラッグストアで働く薬剤師の場合にはどのような悩みが多いのでしょう?そもそも仕事における悩みや愚痴というネガティブな情報を働く前から仕入れて何になるのかと思う人もいるかもしれません。確かに、場合によってはモチベーションを下げてしまうかもしれませんし、知らない方が良いと思う人もいるかもしれません。ですが...

薬剤師、特に調剤薬剤師にはどのような人が向いているのでしょうか。調剤薬剤師の適正について、考えてみたいと思います。【調剤薬剤師に向いている人】1.正確な仕事ができる人調剤薬剤師になるためにもっとも必要な適正が正確な仕事ができる事です。調剤薬局には、毎日医者から処方された処方箋を持ったたくさんの患者が訪れます。調剤薬剤師はこの患者一人一人の処方箋にあった薬を調合するために、色々な種類の薬を扱います。...

調剤薬剤師は、薬剤師の中でも最もポピュラーで一番人口比率の高い職種です。そのため、新卒採用の求人数も、薬剤師と言う職種の中では比較的募集が多い職種です。ただ、求人数が多い分、その中から自分にあった就職先を探すのはとても大変です。そこで非常に役に立つのが、薬剤師専門の就職支援サイトです。最近では、薬剤師専門の就職・転職支援サイトが非常に多く存在しており、求人数も多いところで数千件以上に上ります。薬剤...

例えば新薬の開発を行っている薬剤師であれば、今の薬では治らない病気で困っている人のために薬を作ったりすることでやりがいを感じられるかもしれませんが、新薬開発の薬剤師は基本的に患者と接する事はありません。それに対して調剤薬剤師の一番の魅力・やりがい、それは、何と言っても、薬を必要としている患者と直に接することが出来ると言う点です。調剤薬局には毎日病院で診察を終えた外来患者がたくさんやってきます。そし...

就職、転職活動をする際にまず最初に必ず確認するのが、勤務時間や給与、待遇・福利厚生などが記載されている企業の「募集要項」ですよね。ただその中でも勤務時間や休日といった部分については、この「募集要項」に書かれている内容と実質的な内容がかけ離れている場合も多々あり、「終電帰りなんて当たり前」「休日出勤ばかり」という声もよく耳にします。そのため、就職・転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔しないた...

調剤薬剤師にはどのくらいの求人があるのか、また、その求人に対して調剤薬剤師はどのくらいの人数がいるのか、という情報は、これから調剤薬剤師に就職・転職しようとしている人にとってはとても重要な情報でしょう。調剤薬剤師の求人(需要)よりも人数(供給)のほうが少なければ、調剤薬剤師が不足しているということになるので、それだけ調剤薬剤師になりやすいと言えます。逆に求人(需要)よりも人数(供給)のほうが多けれ...

履歴書は就職活動をする上で最初に通る第1の扉です。時代の流れか、最近この履歴書を軽視する人が少なからずいらっしゃるようで、ひどい例を挙げますと、履歴書の写真にプリクラ写真を貼って応募してくるような人もいるようです。履歴書はその人の第一印象を決めると言ってもいい書類なので、試験官によい印象を持ってもらえるようなものに仕上げる必要があります。1.写真履歴書の中で最も重要と言ってもいいのが、この写真です...

薬剤師という職業には、調剤薬剤師、漢方薬剤師等様々な職種がありますが、基本的には年齢制限はありません。製薬会社や病院薬剤師の場合は、薬剤師の中でも比較的求人応募に年齢制限を課しているところが多いですが、それでも40歳くらいまでは応募可能なところがほとんどです。そもそも薬剤師の国家資格を取るためには、最短でも20代後半まではかかってしまうという事情があるため、他の職種に比べると年齢の上限は必然的に上...

薬剤師とは、調剤薬剤師以外にも病院勤務の薬剤師や漢方薬剤師、製薬会社勤務の薬剤師など、色々な業種や職種のある職業です。このような色々な薬剤師の種類がある中で、他の薬剤師と比べて調剤薬剤師の給料・年収は高いのでしょうか、低いのでしょうか。■それぞれの薬剤師の平均年収 ・調剤薬局勤務   :約400万円〜650万円 ・ドラッグストア勤務:約400万円〜700万円 ・病院勤務     :約400万円〜6...

ただ薬剤師と一口に言っても、新薬を開発している薬剤師、漢方薬を調合している薬剤師、各種薬の営業マンなど、様々な薬剤師が存在しますが、その中でも調剤薬局に勤める調剤薬剤師のメリット、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。【メリット】1.患者とコミュニケーションをとる事ができる調剤薬局では患者と直接、接する事が多く、その患者の症状の回復具合などを肌で感じる事が出来ます。2.処方箋薬に関する知...

調剤薬剤師になるためには、まず薬剤師の国家資格を取得する必要があります。また、その国家資格を取得するためには前提となる受験資格が必要になり、大抵が以下のどちらかになります。■パターン16年制の薬剤師養成課程(薬学科、医療薬学科など)の大学に入学し、無事卒業する■パターン24年制の薬学課程(薬科学科など)の大学に入学し、無事卒業後、不足している科目を履修、または、実務経験を積む(1〜2年程度)そのた...

調剤薬剤師の基本的な仕事は、患者が病院で渡された処方箋を元に薬の調合を行い、患者に販売する事です。当然のことながら、販売する際にはその薬の効果や副作用、服用方法についても詳しく説明します。誰しも一度は風邪などで病院に行き、その後調剤薬局で薬をもらった経験があると思いますので、想像がつきやすいのではないでしょうか。一見すると調剤薬剤師の仕事は、病院の医師が作成した処方箋の内容に従って、ただ薬を調合し...