残業、夜勤、土日休み・・・調剤薬局で働く薬剤師の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・調剤薬局で働く薬剤師の実態は?

働く前に重要視しておきたい、求人探しの判断材料にしたい項目の一つに勤務時間というのがあります。勤務時間は職場へのアクセスや給料などと並びとても大切な項目ですよね。

 

周に何日働かされるのか、土日は休めるのか、残業や夜勤といった時間外勤務や特殊時間での勤務は存在するのか。どんな仕事をするにもそれらは事前に調べておいた方が良いです。今回は調剤薬局の薬剤師の勤務時間について調べたいと思います。

 

先ず、一番調べやすい項目でもある夜勤から。これはよほどイレギュラーなケースでない限り調剤薬局の場合存在しません。そもそも深夜に調剤薬局を営業するメリットがないですし需要もないですから人件費の無駄ですしね。

 

前の職場には夜勤があったから、夜勤が高確率でない調剤薬局の薬剤師に転職するという人も結構います。その場合当然給料は下がるのでしょうが、何を優先するかですね。次に土日の勤務ですが、これは勤める調剤薬局によって変わってきます。

 

平日よりも時間を短くして営業するところや土日は完全に休みにするところ、様々です。そして残業ですが、社会人の定めなのか調剤薬局の薬剤師にも残業は存在します。具体的な残業時間については季節やスタッフの人数、地域によって変動があるのでこれも事前に調べるようにしましょう。

 

とはいえ、一般的な企業などと比較すると調剤薬局の薬剤師の勤務時間や勤務環境はかなりホワイトなものだと思います。勿論その分賃金の問題などはありますが、生活に苦しむほどのものではないですから、給料より休みを優先したい人にはある意味転職かもしれません。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談