一般の薬剤師と比べて薬局薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

MENU

一般の薬剤師と比べて薬局薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

一般という言い方が正しいのかはわかりませんが、今回は薬局薬剤師の給料は他の薬剤師資格を使った仕事の年収などと比べて高いのか、或は安いのか、ということを考えていきたいと思います。

 

先ず、そのためには薬局薬剤師の年収を考える必要があるのですが、これが中々難しいのです。病院薬剤師などの場合もそうなのですが、薬局薬剤師の場合にもどれくらいの規模の薬局で働くのかによって大きく年収が変わってきてしまうのです。

 

一般的に給料が高い方だと言われている病院薬剤師の場合、その年収は初年度で350万〜450万と言われています。人によってはこの額が安いと思ってしまうかもしれませんが、飽くまで初年度の額という事を抑えておいてください。

 

対する薬局薬剤師の場合、こちらは初年度のデータではなく薬局薬剤師全体のデータとなりますが、年収は400万〜600万と言われています。病院薬剤師の平均年収の差が約100万であるのに対して薬局薬剤師は200万も差があります。

 

こうなってくると中々他の薬剤師職と年収を比べるのは難しくなってきます。ですが、薬局薬剤師であっても、大手の薬局であったり都内など需要の高い地域に勤めた場合にはかなり高額な年収を受け取ることができる、ということになります。

 

なので、薬局薬剤師の年収は他の薬剤師と比べても一概に高い、安いと言えるものではないけれど、頑張り次第にはそれなりにもらえる、というのが結論でしょうか。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談