調剤薬局の薬剤師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

MENU

調剤薬局の薬剤師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

調剤薬剤師は最近人気の仕事の一つです。薬と処方箋の交換や、服薬指導、薬品の管理とその仕事は幅広いですが、訪れる人の健康を見守っていくというとてもやりがいのある仕事ですからね。

 

しかし、調剤薬剤師になりたいと思ったからと言って誰でもなれるのでしょうか?調剤薬剤師には誰でもなれるわけではなく、何かしらの経験であったり資格が必要なのではないか?そう思った人もいると思います。

 

実はその通りなのです。調剤薬剤師として働くためにはいくつかクリアしなければならない条件があるのです。先ず、調剤薬局で働くためには薬剤師になるというのが一つ方法として考えられますが、薬剤師になるためには薬剤師資格を取らなければなりません。

 

この薬剤師資格は厚生労働省の実施している国家資格で、簡単に合格できる試験ではありません。そして、薬剤師になるためには薬剤師資格を取らなければならないのと同じように、薬剤師士試験を受けるためにも条件が存在するのです。

 

それは、薬学部の入った大学に入学し、卒業するというものです。薬学部の入った大学を卒業した人のみが薬剤師試験を受けることができ、それを合格した人のみが薬剤師を名乗ることができ、薬剤師として働けるのです。

 

こうしてみるとなかなか簡単ではない関門があるのですね。それだけに、調剤薬局の薬剤師というのは魅力を感じる仕事かもしれません。しかし、薬剤師として働きたいと強く思っているのであれば、是非とも挑戦してみるべきだと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談