転職前に考えよう!調剤薬局の薬剤師のメリット・デメリット

MENU

転職前に考えよう!調剤薬局の薬剤師のメリット・デメリット

仕事をしていると、その仕事でしか得ることのできないメリットや、反対にその仕事しかできないことで受けるデメリットのようなものが必ず存在するものです。スキルという面で見てもすべてのスキルが上達する仕事なんて存在しませんからね。

 

調剤薬局の薬剤師の場合も同じです。働いていればメリットやデメリットが必ずあるものです。デメリットの部分に関しては多少諦めるしかないかもしれませんが、メリットに関しては別です。働く前からこういうメリットがある、ということをある程度知っていればその部分を意識して働くことができますから、より強くメリットの部分を享受できます。

 

では、そんなに言うなら実際調剤薬局の薬剤師として働くうえでどのようなメリットがあるんだ、という話になりますよね。まず、これは他の薬剤師を活かした仕事のうちいくつかでもいえることですが、当然薬に関しての知識は身に付きます。それも、色んな処方箋をみることで幅広い薬品の知識というのが身に付きますから、将来的なキャリアアップなどという面で考えてもこれはとても大きなメリットではないでしょうか?

 

また、服薬指導を通して初歩的な接客スキルというのを身に着けることができるのも大きいです。もしも別の環境で薬剤師として働く際にも接客の技術や、服薬指導のわかりやすさなどは必ず役立ちます。しかし、一方で調剤薬局で働くことのデメリットも存在するわけです。

 

よく聞く悩みとしては人間関係に関するものです。調剤薬局は、大体の場合狭い職場ですから、働く人もそんなに多くはありません。そこでうまくやっていければよいですが、一たび問題を起こしてしまうと一気に村八分に、なんていうことも珍しくありません。

 

ですから、働くうえで人間関係に気を付けなければいけない、というデメリットは存在します。しかし、こういったことは他の職場でもあり得ることですから、気にしすぎても始まらないかもしれません。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談