薬局薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

MENU

薬局薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

薬局薬剤師とはどのような仕事なのでしょうか。病院に一度でも行ったことのある人であれば当然その後処方箋を出してもらい、その処方箋を持って薬局などに行き、薬剤さんにその処方箋を出します。その後薬剤師さんから薬を受け取るという工程がありますから、だいたい薬剤師になったことのない人でも薬局薬剤師が仕事どのようなものなのかは想像ががつきます。

 

しかし、それは外から見ているだけで、実際に薬局薬剤師として働くと外から見えない仕事が別にあります。薬局薬剤師の仕事の中には、扱っている薬の品質管理というのがあります。薬の在庫管理をしたり、賞味期限などのチェックも怠りません。また処方箋落を出されたら、その処方箋に書かれている薬の飲み合わせが悪くないかなども確認し、正しい飲み方や飲む時間などを患者さんに指導するというのも大切な仕事になってきます。

 

これはどんなに薬の情報管理などがデータかで行えるようになっても絶対に薬剤師の口から説明しなければいけないことです。この説明をどれだけ適切にかつ正確に行えるかというのは薬局薬剤師の腕の見せ所になってくるのではないでしょうか。薬局薬剤師の特徴としては病院薬剤師や企業薬剤師と比べて患者さんと関わる頻度が多いということではないかと思います。地域の薬局であればそこに訪れる人もある程度固定化してきますから、地域の人と親密な関係になれるというのも大きな特徴ではないかと思います。

 

薬局薬剤師として働く中ではこういったことにやりがいを感じることもできますし、薬剤師として働くのであればその地域の、その薬局の顔になれるというのも薬局薬剤師のやりがいの1つであり、薬局薬剤師のあり方だと私は思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談