調剤薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

MENU

調剤薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

薬剤師、特に調剤薬剤師にはどのような人が向いているのでしょうか。

 

調剤薬剤師の適正について、考えてみたいと思います。

 

【調剤薬剤師に向いている人】

 

1.正確な仕事ができる人
調剤薬剤師になるためにもっとも必要な適正が正確な仕事ができる事です。

 

調剤薬局には、毎日医者から処方された処方箋を持ったたくさんの患者が訪れます。

 

調剤薬剤師はこの患者一人一人の処方箋にあった薬を調合するために、色々な種類の薬を扱います。

 

素人には全く見分けがつかないような薬もたくさんあります。

 

そんなたくさんの薬の中から必要な薬を正しい分量で調合する必要があるのです。

 

 

2.責任感をもって仕事ができる人
「1.正確な仕事ができる」にも書いた通り、調剤薬剤師は患者一人一人の処方箋にあった薬を調合しますが、ただ書かれた処方箋通りに調合しているわけではありません。

 

患者が処方箋を持って調剤薬局に訪れた際、調剤薬剤師自身が患者から症状を聞き、その処方箋に書かれた薬が本当にその患者の症状にあったものなのかを判断しなければなりません。

 

調剤薬剤師は患者の手に間違った薬が渡らないようにするための最後の砦なのです。

 

調剤薬剤師には常にそういった自覚を持ち、責任感を持って仕事ができなければならないのです。

 

 

調剤薬剤師に向いている人として上記2点を上げましたが、あくまでもこれは最低限必要な適正です。

 

調剤薬剤師になりたいのであれば、仕事の内容をご自分で十分に調べてみてください。

 

きっとこれ以外にも必要な適正というものが見つかるはずです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談