薬局薬剤師の仕事や業務内容を調べてみた(^_^)

MENU

薬局薬剤師の仕事や業務内容を調べてみた(^_^)

薬局薬剤師の仕事や業務内容というのはどのようなものがあるのでしょうか。薬剤師といっても薬局薬剤師の他にも病院薬剤師や、企業薬剤師など数多くの仕事が存在します。それぞれで当然行う仕事に違いがあり、やりがいや魅力というものも変わってきます。

 

薬局薬剤師の主な仕事としては、自分の働いている職場に訪れた処方箋を持った人から処方箋を受け取り、そこに書かれている薬を調剤してお渡しするということがあります。これは一度でも病院に行って処方箋を出してもらった経験のある人ならばどういった仕事なのかなんとなくでも想像がつくのではないかと思います。調剤というのは何かといいますと、処方箋に書かれている薬を固形の状態だと大きさが大きすぎるので、粉末状態に粉砕する作業であったり袋に小分けする。

 

いわゆる分包といった作業のことを指します。そして、ただ薬を渡すだけではなく、その薬に対する注意事項や副作用の説明。つまり、服薬指導を行う必要が出てきます。最近は薬の管理などはデータ化されることが増えてきていますが、その中でもこの服薬指導というのは直接薬剤師の口から説明する必要がありますから、薬剤師が必要とされる理由の1つでもあります。

 

この服薬指導をどれだけ正確にかつ早く丁寧に行えるかというのは薬剤師としての技術の見せ所でもあります。他にも薬剤師の仕事としては、薬品の管理などもあります。膨大な数の薬品を取り扱うことになる薬剤師という仕事ですが、それらの品質管理を徹底するのも大切な仕事の一つなのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談