ドラッグストアで働く薬剤師の仕事や業務内容とは?

MENU

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事や業務内容とは?

ドラッグストアには必ずといっていいほど薬剤師さんがいます。薬剤師資格を持っている人の中では、現在の職場から薬剤師の資格を活かせるドラッグストアへの転職を考えている人がいると思います。

 

転職でなくても新卒でドラッグストアの薬剤師として働きたいと考えている人も当然いるでしょう。しかし、具体的にドラッグストアで働いている薬剤師さんは何をして働いているのでしょうか。病院薬剤師や企業薬剤師とは当然業務内容が異なってくるはずです。

 

ドラッグストアの薬剤師さんの仕事は薬剤師としての仕事以外にもあります。例えば、他のスタッフと同じように品出しなどの業務も行います。薬品コーナーの品出しをしているのは、ドラッグストアに足を運んだことのある人ならば一度は見たことがあると思います。

 

そして当然お客さんに声をかけられれば商品案内や薬の相談にも乗ることになります。ですから、単純に薬の場所だけ把握していれば良い、知識を持っていれば良いというわけではなく、お店全体のことを知らなければなりません。

 

他にも医薬品関連の商品の在庫管理や、品薄になってきた商品の発注なども行います。このように、ドラッグストアで働く薬剤師さんの仕事は、薬剤師としての仕事以外にも沢山あるので、非常に充実して働くことができるという魅力があるのです。

 

単純に薬剤師としての仕事のみを行っているだけだと仕事に疲れやすくなってしまうかもしれません。ですが、このように違う仕事も時々はさむことができるというのは、ストレスも溜まりにくいでしょうし、かなり良い働き方なのかもしれませんね。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談