調剤薬剤師はやりがいがある?仕事の魅力について考える(^_^)

MENU

調剤薬剤師はやりがいがある?仕事の魅力について考える(^_^)

例えば新薬の開発を行っている薬剤師であれば、今の薬では治らない病気で困っている人のために薬を作ったりすることでやりがいを感じられるかもしれませんが、新薬開発の薬剤師は基本的に患者と接する事はありません。

 

それに対して調剤薬剤師の一番の魅力・やりがい、それは、何と言っても、薬を必要としている患者と直に接することが出来ると言う点です。

 

調剤薬局には毎日病院で診察を終えた外来患者がたくさんやってきます。

 

そして、その患者が今まさに必要としている薬を調剤薬局の調剤薬剤師が調合し、提供します。

 

軽い風邪程度であれば1回の通院で直ってしまうこともあるでしょうが、何回か通院しその都度調剤薬局を訪れる患者も多く、調剤薬剤師はそのような患者と直に接する事で患者の症状が徐々に治っていくのを実感する事ができます。

 

自分の調合した薬が直接渡した患者のためになっているという事を感じる事ができるため、非常にやりがいがあります。

 

また、患者とのコミュニケーションの中で感謝の言葉を言ってもらえる事も多く、調剤薬剤師の中には患者からの「ありがとう」の言葉を、何よりのやりがいとして感じているという方も多くいるようです。

 

患者に薬の効果や副作用、服用方法の説明をし提供する調剤薬剤師は、患者とコミュニケーションを多くとる分、時には大変なこともありますが、それだけ患者の喜ぶ姿を間近で見る事ができるという事が、調剤薬剤師にとっての一番の魅力なのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談