調剤薬局の薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

MENU

調剤薬局の薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

調剤薬局の薬剤師とはどのような仕事を行うのでしょうか?病院薬剤師や企業薬剤師など、薬剤師が活躍する場は色々ありますが、特徴やあり方というのも仕事の数だけ存在すると思います。

 

ということで今回は調剤薬局の薬剤師の特徴やあり方ということを書いていきたいと思います。まず、調剤薬局の薬剤師の場合、他の薬剤師とは違い、相手にする人が地域の人となってきます。

 

病院薬剤師の場合であれば入院患者を相手に服薬指導を行ったり、診察を受けにきた患者さんが対象になります。ですが、調剤薬局の薬剤師の場合はそうではありません。仕事の対象になるのは処方箋を持ってきた人全員です。

 

企業薬剤師の場合はこのどちらにも当てはまらないので、やはり職業ごとに微妙に変わってくるのですね。しかし、根幹にある薬剤師としての在り方、という部分には大きな違いはありません。そこに訪れた人の処方箋を確認し、飲み合わせなどに問題がないか、といったことを確認し健康を管理します。

 

そして渡した薬の効果を正しく発揮してもらうために服薬指導を行い、それ以外の時間は薬品の賞味期限、保管状況などの管理、不足した薬品の補充などに努めます。ただ、病院薬剤師と違い調剤薬局の薬剤師はスタッフの人数が少ないです。

 

また、病院と違いドクターと連携する、というようなこともありません。なので、スキルアップという面では若干不安な部分もあるかもしれません。逆に、他である程度経験を積んできた、という薬剤師からすると理想的な職場なのかもしれませんが、最終的には自分がどんな環境で働きたいか、というのか大事になってきます。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談