薬局薬剤師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

MENU

薬局薬剤師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

薬局薬剤師として働きたいという風に考える人は結構多いと思います。しかしどうすれば薬局薬剤師になることができるのかということを知っている人は実際どれくらいいるのでしょうか。薬局薬剤師になるために、資格であったり何かしらの経験が必要なのかということを今回は書いていきたいと思います。

 

いきなり結論を書いてしまうのであれば、薬局薬剤師には誰でもなれるというわけではありません。薬局薬剤師になるためには薬剤師資格というものをとる必要があります。この薬剤師資格とは厚生労働省が実施している薬剤師国家試験というものが正式名称です。しかし、この薬剤師国家試験というものもだれでも受けられるというわけでは無いのです。

 

国家試験の受験資格を持つ人は薬学部の入っている大学を卒業した人のみとなります。これだけ聞いてもなかなか険しい道だというのはわかると思うのですが、薬学部の大学というのは6年制なのです。なので通常の大学の4年制よりも2年ほど長く、またこれも現役で入りストレートで卒業した場合に6年というだけなので、留年や浪人を挟んでしまうとこれ以上の期間がかかることになってしまいます。

 

これだけの関門を突破して初めて薬局薬剤師になることができるのです。他には薬剤師になる方法はないのか?実は別の方法もあるのでは?と思うかもしれませんが残念ながら薬局薬剤師になるための方法はこれしかありません。しかし、薬剤師には年齢制限などがあまりないですから、今からでは遅すぎる、なんていうこともありません。先ずは行動を起こしてみることが大事だと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談