調剤薬局の薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

MENU

調剤薬局の薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

調剤薬局で薬剤師として働くのに向いている人、そして向いていない人とはどういう人なのでしょうか。調剤薬局で薬剤師として働こうと思っている人ならば絶対に抑えておきたいポイントですね。

 

勿論、働く前から向いているだとか向いていないだとか考えすぎるのは良くないかもしれません。働き出してから才能やスキルを発揮する人も実際いますからね。しかし、ある程度の目安として知っておくのも良いと思うので書いていきたいと思います。

 

先ず、調剤薬局の薬剤師の代表的な仕事の一つに服薬指導があります。服薬指導とは、処方箋を持ってきた人にその薬を渡し、飲み合わせや注意点、副作用、飲む時間帯などの指導を行うことです。薬剤師がこの服薬指導を行ってくれるからこそ安全に薬が飲める、と言っても過言ではありません。

 

そしてこの服薬指導を行うためには人と話す能力、つまりコミュニケーション能力が必要不可欠です。同じ薬に関して説明する場合でも、人と話慣れている人の方が当然早く、そして正確に服薬指導を行うことができます。逆に服薬指導が分かりにくかったり時間をかけすぎてしまった場合、トラブルになったり訪れた人を不快にさせてしまう場合もあります。

 

このように、コミュニケーション能力は調剤薬局の薬剤師をする上ではとても大切になってくるのです。しかし、最初にも書いた通りこういった力は働いていく中で身に付くものでもあります。始めから完璧にできる人はいませんからね。なので、先ずは積極的に仕事に取り組む、仕事を覚えるということを意識して仕事に臨んでみてはどうでしょうか?

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談