転職前に考えよう!ドラッグストアの薬剤師のメリット・デメリット

MENU

転職前に考えよう!ドラッグストアの薬剤師のメリット・デメリット

仕事をする上ではその仕事を行うメリットやデメリットというものが存在します。例えば接客関連の仕事をしたとすれば、客商売ですから接客に対するスキルや言葉遣いのマナーは身に着けることが出来るでしょう。しかし、その分全員が全員良いお客さんではありませんから、ストレスが溜まることもあるというデメリットも存在します。

 

ドラッグストアで働く薬剤師の場合はどうでしょう。この職業にも当然メリットやデメリットが存在します。なので今回はそのことを中心に考えていきたいと思います。先ず、ドラッグストアで薬剤師として働くことのメリットですが、これは幅広い接客スキルが身に付く、ということが一つ大きいです。やはり、病院で薬剤師として働いている場合や処方箋のみを受ける毛ている薬局で働いている薬剤師よりも身に付くスキルは格段に大きいのです。

 

また、他の職場に比べて比較的採用されやすいという魅力もあります。薬剤師として働く場合と違い様々な業務を行うことができるから、一つの仕事を坦々と繰り返してストレスが溜まる、なんていうことも起こりにくいです。しかし、反面デメリットも存在します。ドラッグストアで働く薬剤師は比較的給料が低い、というのが代表的な悩みの一つです。

 

また、ドラッグストアの中で販売している一類の医薬品については薬剤師しか販売する資格がないですから、スタッフの構成によっては休日が中々取れない、という事態になるかもしれません。このようにドラッグストアで薬剤師として働くと、良いことと悪いことがついてくるのですね。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談