ドラッグストアの薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

MENU

ドラッグストアの薬剤師ってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた

ドラッグストアで薬剤師として働く場合にはどのような仕事があるのでしょうか。他にも薬剤師の資格を活かす仕事というのはありますが、ドラッグストアで働く薬剤師特有の特徴やあり方というものも当然あると思います。今回はその辺のことについて説明していきたいと思います。

 

まずドラッグストアで薬剤師として働く場合に他の薬剤師資格を生かした仕事と何が最も違うかと言うと、やはり接客の量ということになるでしょう。ドラッグストアの薬剤師の場合は単純に薬品の案内であったり処方箋の受付をするだけではありません。

 

不足している商品などがあれば補充をして、品出しも行います。また倉庫の中にもその商品がないときには発注などの業務も行うことになると思います。その仕事を行っていれば必ずお客様にも話しかけられると思います。お客様の対応をし、商品案内だったらその商品の場所まで案内して、薬に関する質問であったらそれに対して丁寧に答えていくということになります。

 

また、レジの補佐であったり袋詰め業務もドラッグストアで働く薬剤師の仕事の1つになります。ですからドラッグストアで働く薬剤師の特徴としては、通常のスタッフの業務に加えて薬剤師の仕事を行うことになるというのが最も大きいと思いますこれを聞いてわかる通り、ドラッグストアの薬剤師の仕事はとても忙しいです。その分薬に関する業務以外のことにも携わることができるので、1つのことを繰り返すよりもストレスが溜まりにくい環境を作ることが出来るというのもドラッグストアの薬剤師の特徴だと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談