一般の薬剤師と比べて調剤薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

MENU

一般の薬剤師と比べて調剤薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

薬剤師とは、調剤薬剤師以外にも病院勤務の薬剤師や漢方薬剤師、製薬会社勤務の薬剤師など、色々な業種や職種のある職業です。

 

このような色々な薬剤師の種類がある中で、他の薬剤師と比べて調剤薬剤師の給料・年収は高いのでしょうか、低いのでしょうか。

 

■それぞれの薬剤師の平均年収
 ・調剤薬局勤務   :約400万円〜650万円
 ・ドラッグストア勤務:約400万円〜700万円
 ・病院勤務     :約400万円〜650万円
 ・製薬会社勤務   :約400万円〜800万円
 ・漢方薬局勤務   :約400万円〜500万円
 ・薬剤師全体    :約500万円〜550万円

 

 

■薬剤師全体の平均年収との比較
調剤薬剤師の平均年収を薬剤師全体の平均年収を比較して見ると、大体同じくらいになるようです。

 

ただこれは、薬剤師の中でも調剤薬局勤務の薬剤師の割合が一番多く、薬剤師全体の平均年収は調剤薬剤師の平均年収に近くなってしまう傾向があるため、あまり参考にはならないかもしれません。

 

 

■他の業種・職種の薬剤師の平均年収との比較
他の薬剤師と比べた場合どうかというと、まず調剤薬剤師同様、薬局勤務と言う意味では漢方薬剤師がいますが、漢方薬剤師と比べると調剤薬剤師のほうが若干高い傾向にあるようです。

 

また、病院勤務の薬剤師とほぼ同様であるという事がわかります。

 

ドラッグストア勤務、及び、製薬会社勤務の薬剤師と比べると、調剤薬剤師のほうが若干低いようです。

 

ただこれには理由があり、ドラッグストア勤務の場合、その役職にも大きく左右され、例えば大型店の店長クラスになると700万円を超える薬剤師もいます。

 

また、製薬会社勤務の薬剤師の場合、大多数が営業職であり成果主義によって給料が決まるところが多いようです。

 

そのため、平均年収未満の薬剤師もいれば、平均年収を大きく上回る薬剤師もいるようです。

 

 

薬剤師全体と比べた場合も、他の業種・職種の薬剤師と比べた場合も、調剤薬剤師は平均的な年収のようです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談