調剤薬局で働く薬剤師の転職法!小論文の書き方・テーマ・例文

MENU

調剤薬局で働く薬剤師の転職法!小論文の書き方・テーマ・例文

調剤薬局で薬剤師として働く際、面接などの際に別の課題を用意されることがあります。小論文というのもその一つです。最近でもどれくらいの割合で小論文が出されるのかといったしっかりとしたデータはないまでも、実際に書かされるという例は存在しています。

 

ですから、事前に小論文の対策を立てておくことは大切です。しかし、小論文と言っても何を書けば良いのか、具体的に分かっている人はそんなにいないと思います。小論文という風に難しく考えなくても、文章の書き方という目線から意識すれば良いのです。

 

例えば一つの文章を短くする。例えば句読点をはっきり打つ。例えば主張が一貫している。こういう一見当たり前の事でもしっかりとそれを実行できている例は少ないです。ですから、そういった中ではこういう基礎的なことをできている小論文は非常に目立ちますし、評価も高いです。

 

しかし、意識したからと言ってすぐにそういう小論文が書けるわけではありません。先ずは自分が受けたいと思っている調剤薬局に小論文の課題があるのかを調べます。そしてもしも小論文の課題があったのであれば、可能なら過去問などを見つけてください。それで時事問題なのか、薬剤師関係の問題なのかある程度の傾向がつかめます。

 

後はそれに関連する小論文や、或は過去問をそのまま解いても良いですがひたすら書くのです。そういう積み重ねをしっかりと行えば確実に小論文は書けるようになります。毎日の積み重ねや読書が大切ですね。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談