ドラッグストアの薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

MENU

ドラッグストアの薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

仕事をする場合、その仕事をする人の、その仕事に対する適性というのが大切になってくるというのをご存知ですか?ご存知ですか?というよりも考えてみれば当たり前の事なのです。

 

その仕事に向いていない人はその仕事をしていても楽しめない場合が多いですし、仕事上でミスをする可能性も高いです。何より面接の段階で振り落されてしまう場合も少なくないです。では、ドラッグストアの薬剤師の場合、適性とはどのようなものがあるのでしょうか?

 

一概には言えないことですが、先ず、コミュニケーション能力は必要不可欠です。これは他の多くの仕事にも共通していえることですが、ドラッグストアの薬剤師も当然接客業ですから、コミュニケーション能力は必要です。

 

それも一般の薬剤師と違い普通の薬が売り出されている場所以外の売り場に出なければならないこともあります。そういう時、薬以外の商品に関する質問をされる場合もありますから、そういう知識も必要です。

 

なので、薬の勉強をしながら売り場の商品の事を勉強しなければなりません。ですから、勉強熱心というのもドラッグストアの薬剤師としては必要な条件になります。また、広い売り場を行ったり来たりして、時には思い商品を品出しすることもあります。

 

それには体力が必要ですから、体力的な面でも自信がある人はドラッグストアの薬剤師としての適性があるのではないかと思います。と、このようにドラッグストアの薬剤師の適性は幾つかありますが、ここまで読んで自分には適性があると思ったでしょうか?就職、転職活動の際の参考にしてみてください。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談