転職前に考えよう!調剤薬剤師のメリットとデメリット(^o^)

MENU

転職前に考えよう!調剤薬剤師のメリットとデメリット(^o^)

ただ薬剤師と一口に言っても、新薬を開発している薬剤師、漢方薬を調合している薬剤師、各種薬の営業マンなど、様々な薬剤師が存在しますが、その中でも調剤薬局に勤める調剤薬剤師のメリット、デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

【メリット】

 

1.患者とコミュニケーションをとる事ができる
調剤薬局では患者と直接、接する事が多く、その患者の症状の回復具合などを肌で感じる事が出来ます。

 

2.処方箋薬に関する知識が身につく
調剤薬剤師は処方箋に基づいた薬の調合が主な仕事となりますので、当然処方箋薬についての知識が身につきます。

 

3.仕事とプライベートの両立がしやすい
調剤薬剤師は1日の処方箋受付や調合に関する上限するが決められているため、激務になる事はほとんどなく、また、調剤薬局の場合、基本的に勤務はシフト制であるため自分の都合にあわせた勤務をしやすく、プライベートを充実させやすいです。

 

【デメリット】

 

1.勤務場所によっては幅広い知識が付きにくい
大きな総合病院の近くの調剤薬局であれば、様々な診療科目の処方箋受付を行い薬の調合を行うため、色々な知識を身につける事が出来ますが、特定の診療科目しかないクリニックや診療所近くの調剤薬局の場合、ほとんどそのクリニックや診療所の診療科目の処方箋しか受付を行わないため、幅広い知識を得ることが難しくなります。

 

2.職場の人間関係が非常に重要
調剤薬剤師に限った話ではありませんが、調剤薬局は比較的規模が小さい薬局である事が多いため、1人相性が合わない上司や同僚がいるだけで非常に居心地が悪い職場になってしまうこともあります。

 

ここに記した以外にも様々なメリット、デメリットが存在しますし、その捉え方も人によって様々です。

 

調剤薬剤師への転職を希望しているのであれば、自分にとって本当にやりたいことなのか、もう一度よく考え、しっかりとした目的をもって転職活動に励んでください。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談