調剤薬剤師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

MENU

調剤薬剤師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

調剤薬剤師になるためには、まず薬剤師の国家資格を取得する必要があります。

 

また、その国家資格を取得するためには前提となる受験資格が必要になり、大抵が以下のどちらかになります。

 

■パターン1
6年制の薬剤師養成課程(薬学科、医療薬学科など)の大学に入学し、無事卒業する

 

■パターン2
4年制の薬学課程(薬科学科など)の大学に入学し、無事卒業後、不足している科目を履修、または、実務経験を積む(1〜2年程度)

 

そのため、そもそも薬剤師の資格取得自体が非常にハードルの高いものとなっており、学生時代から薬剤師を目指しているのならまだしも、別業種で働いていた人が転職等で薬剤師を目指すとなると、学力もさることながら一番は金銭面の理由で、なかなか難しいのが現状です。

 

ただし、調剤薬剤師を目指すにあたり、必要最低限の資格は前述の薬剤師国家資格のみなので、国家資格さえ持っていればそこまで大変なことはありません。

 

また、調剤薬剤師には新卒の求人も多く、他の薬剤師の仕事と比べ薬剤師としてのキャリアが必要な業種な訳でもありません。

 

薬剤師の中の半数以上は調剤薬剤師として業務をこなしていると言われているくらい、薬剤師の中でも非常にポピュラーなのが調剤薬剤師です。

 

薬剤師になるためには国家資格と言う高いハードルがありますが、資格さえ取ってしまえば、薬剤師の中の一つである調剤薬剤師になる事はそこまで高いハードルがあるわけではないのです。

 

 

調剤薬剤師になるためには、まず薬剤師の国家資格を取得する必要があります。

 

また、その国家資格を取得するためには前提となる受験資格が必要になり、大抵が以下のどちらかになります。

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談