就職・転職前にチェック!学校薬剤師の仕事に需要はあるのか?

MENU

就職・転職前にチェック!学校薬剤師の仕事に需要はあるのか?

薬剤師の仕事にはかなり重要があります。医療の仕事はなくなることはりません。その医療の中でも、特に大事だと思われる医薬品に関わるのが薬剤師です。薬剤師がなければ医薬品を患者さんに渡すことができません。薬剤師の仕事自体は需要が高いです。

 

そこで注目してほしいのが、学校薬剤師というものになります。学校に勤めるタイプの薬剤師になるわけですが、需要についてはかなり不透明な部分も大きいことは確かです。目指している方も多いので、少しチェックしてみましょう。

 

■学校薬剤師の需要について

 

まず、職場が学校という事です。どのような学校で仕事をしていることが多いのかをチェックしてみましょう。

 

・幼稚園
・小学校
・中学校
・高等学校

 

以上が主な職場になります。それらの職場には必ず学校薬剤師を置く事が決められています。学校保健法というものにより決められていますので、それぞれの学校は守らなければいけません。

 

・減少傾向

 

しかし、少子化の影響で学校自体が少なくなっています。その影響を受けて需要は減少傾向と見て間違いありません。求人も減り始めています。今後もこの傾向は長期的に続くと見て間違いありませんので、憂慮すべき部分です。

 

一方で、なくなるということはあり得ません。今後も仕事は残り続けますので、特に大きな心配はする必要はないはずです。安心をして、こちらの仕事を始めてください。ただ、転職となると難しい事も多くなると思うので、慎重に行うべきです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談