本当に働きやすい?学校薬剤師の人間関係(^_^)

MENU

本当に働きやすい?学校薬剤師の人間関係(^_^)

医療系の仕事につては、実際に大きな問題になりやすいのが人間関係です。仕事内容がハードになりますので、人間関系にマイナスが出てしまうことが多いわけです。看護師などは、職場の人間関係で悩んでいる方が実際にかなり多いです。

 

一方で薬剤師はどうでしょうか、薬剤師についても、やはり人間関係にいくつかの問題を抱えている職場も実際に多いです。しかし、働いている場所によっても、かなり変わってくるのが薬剤師でもあります。

 

■学校薬剤師の人間関係について

 

学校薬剤師としては特に人間関系は関係ありません。一般の仕事をしている薬剤師が、派遣されて働くようなものになるからです。職場(学校)は他の薬剤師がいるわけでもありません。学校という職場で、人間関係に悩まされることはまずありません。

 

そこで注視していただきたいのが、学校の先生との関係です。少しは関連してくると思われる方もいるかもしれません。しかし、そもそも専門分野がかなり違います。業務について口出ししてくることはあまり考えられません。学校の衛生状態を守るためにも重宝される存在と思ってください。

 

ただ、学校薬剤師は人間関系に一切悩まないわけではありません。普段は調剤薬局に働いていることが多いです。そちらで悩みが発生していることも多いので、人間関系というものはどのような職種でも問題になるわけです。学校薬剤師をすれば、解決されるというものでもありません。

 

職場の人間関係については、離職率を調べればだいたい見えてきます。人間関係が良い職場は離職率が低くなりますので、覚えておきましょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談