学校薬剤師の転職対策!小論文の書き方・テーマ例文(^o^)/

MENU

学校薬剤師の転職対策!小論文の書き方・テーマ例文(^o^)/

転職の採用試験で悩んでしまう部分があります。それは、小論文というものになります。小論文が採用試験で実施される例もあります。特に多くの応募者があるような職種はそのようなもので選抜されるわけです。

 

そこでチェックしていただきたいのが、学校薬剤師です。かなり特化した仕事になるわけですが、どのような小論文を書けばいのかが大きな悩みになります。対策法を考えて、臨むことがおすすめになるわけです。

 

■テーマの設定方法

 

論文を書く時には、テーマを考える必要があります。テーマが決まらなければ書きはじめることもできません。

 

まず、職場が学校となりますので、学校と衛生状況といったようなものを一つの基軸にしてみると良いでしょう。そのようなものから派生するようなテーマを考えて書きはじめるのがおすすめになります。

 

学校薬剤師ですので、学校に関連する論文を求められるケースも多いわけです。

 

■論文の書き方

 

普段から、文章を書いている方はある程度の論文は書けると思います。しかし、文章を書くことになれていなければ、急に良い論文は書けません。

 

まずは専門的な内容でなくても構いません。ちょっとした文章を書きはじめてみましょう。400文字程度でも構いません。

 

ただし、その練習には一つ条件があります。それは起承転結を意識するという事です。必ずその4つに分けて練習をしてください。癖をつけることで、良い文章を書きあげられます。

 

また、必ず段落をいくつか入れてください。そうすることで読みやすさがアップします。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談