学校薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

MENU

学校薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

薬剤師にも向いてる人と向いてない人がいます。まさに薬剤師に対する適正というものになります。仮に適正がない方が薬剤師として働いても、近い将来にその仕事を辞めてしまう事もあります。そのような事にならないように適正について注目すべきです。

 

では、薬剤師に向いてる人と言う事ですが、薬剤師にもいろいろなタイプがあります。働き方も職場によってかなり変わってきます。ですので、もう少し範囲を絞ってみましょう。

 

学校薬剤師を例に挙げて考えてみましょう。

 

■学校薬剤師に向いてる人

 

・細かい作業が好きな方

 

学校薬剤師も非常に細かい作業を行います。また、決まり切った作業を繰り返し行います。ですので、細かい作業が好きな方に向いています。仕事に飽きが来ないということにもつながるでしょう。

 

・給与は少なめでも良い方

 

実は、学校薬剤師についてはあまり給与が良くないです。一般の薬剤師の給与と比較するとかなり違います。ですので、高い給与を狙っている方には向いてない仕事になります。

 

給与が少なくても、学校薬剤師という仕事にやりがいを感じられるような方に向いている仕事となります。子供たちの健康を守っている仕事につきたい、というような思いがある方に向いているでしょう。

 

・時間を自由に使いたい方

 

学校薬剤師は、不定期で仕事があります。毎日の仕事はありません。ですので、時間を自由に使いたいという方にも向いています。学校薬剤師をダブルワークとして行っても良いかもしれません。

 

そもそも、学校薬剤師だけでは生活できないと思います。ボランティア的な意味合いが強い仕事です。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談