学校薬剤師ってどんな仕事?その特徴やあり方を考えてみた(^_^)

MENU

学校薬剤師ってどんな仕事?その特徴やあり方を考えてみた(^_^)

学校薬剤師の仕事の特徴として1番に考えられる事が名前の通り学校に関わると言う事ではないでしょうか。

 

 

ごく一般的に私達が薬剤師と聞いてイメージするのは、病院や薬局・ドラックストアなどにおいて勤務している人達を考えるかと思いますが、学校薬剤師はそう言った店舗勤務とはかけ離れますし薬剤の販売なども行いません。

 

 

学校薬剤師とは、学校と言う名前が最初に付く通り各学校で薬品点検や衛生管理・検査、及び指導などを行うのが仕事だからです。

 

 

業務の中には学校周辺の騒音調査であったり照明機器や学校の整備・換気や温度調整などの確認と言った素人が聞くと一見薬剤師とは何ら関係ない様な業務を行う事もあります。

 

 

普段の勤務から離れ教育現場に携わっていくことが管理薬剤師の仕事であり大きな特徴です。

 

教育現場での仕事であるからこそ常に指導する立場にある事を意識しておく必要もあります。

 

 

例えば、ちゃんとした挨拶ができているか、子供相手の分かりやすい説明や解説ができているか、教育者であると言う事を考えた立ち振る舞いや身だしなみ・作法・言葉遣いなどと言った基本的な事も頭に入れて常に意識して行動する事も大事です。

 

 

また、薬剤以外の知識も幅広く学んでおく必要性もあり、それをどのようにすれば子供や専門知識の無い人に伝わりやすいかなども考えなければなりません。

 

学校に関わると言った特徴をふまえた行動こそが管理薬剤師としてのあり方そのものかと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談