学校薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

MENU

学校薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

そもそも学校薬剤師とは、どのような職業でどういった業務内容なのか詳しく分かっている人も少ないかと思いますし薬局などに勤務する薬剤師と違って実際によく日常生活で見かける人も少ないはずです。

 

 

仕事内容を単純に言えば、その名の通り学校での薬剤管理ですが業務内容は意外と多く複雑で、衛生管理から始まり検査・点検・指導・報告など大まかに分けても数多く存在します。

 

 

具体的な一部の例をあげると、学校に設置されている薬品の点検や害虫などの駆除、シンナーや覚せい剤などの薬物乱用防止活動、水や給食など食に関わる場所や品物・食品の衛生検査、プールの水などに使われている薬品の検査、校内が清潔に保たれているのかなどを確認したり校内付近の環境調査に各活動委員への報告など細かくあげていけばキリがない程です。

 

 

そして、あまり知られていませんが学校保健法により幼稚園・小学校・中学校・高校など大学を除いた国立・公立・私立の全ての学校において薬剤師の設置が義務付けられています。

 

ですので、あまり見かけた事などは無かったかもしれませんが自分達が通っていた学校にも学校薬剤師に任命された薬剤師がいたはずなのです。

 

 

その仕事内容は、学校に通う生徒や保護者などが普段の生活であまり見かける事のない直接接する機会の少ない言わばあまり目立った華やかに見える仕事内容とは異なりますが、子供たちの安全のために欠かせない大事な仕事であり学校薬剤師の仕事内容は責任重大と言えるでしょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談