がん専門薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

MENU

がん専門薬剤師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

数ある薬剤師の仕事の中で特に専門的分野において認められた専門職が存在します。

 

大まかに言うと専門薬剤師・認定薬剤師と言った資格です。

 

 

その中でも、がんを専門的に極めたのががん専門薬剤師の資格です。

 

これは、社団法人日本病院薬剤師会によって試験に合格し認められた者のみがなれる資格となります。

 

 

では、このがん専門薬剤師とは根本的にどんな仕事でどういった業務内容なのか普段の生活で見る機会も少ないので知っている人も少ないかと思います。

 

一言で言うならば、その名の通りがんの薬物療法のスペシャリストと言われている薬剤師の専門職になります。

 

 

いま世界中でがんで苦しむ方は大勢おり、がんの薬物療法が注目され必要とされています。

 

ですが、抗がん剤などの薬剤の中には非常に強い成分の薬剤なども多く存在し副作用があったり他の薬との併用の危険がある薬剤ももちろんあるのです。

 

 

そこで必要となるのが、がん専門薬剤師の仕事です。

 

薬剤の管理・調整や投与方法のチェック・専門知識の情報提供・報告と仕事内容もかなり専門的になってくる事もあるかと思います。

 

 

がんと言う病は、日本でも死因の原因として常に上位に入ってくる病名でもありますが医学の発達や薬剤研究などにより絶対に治らない病気と言ったわけでもありません。

 

 

そう言った背景の中で飛躍するのが、がん専門薬剤師です。

 

患者さんに安心して薬剤を投与してもらい療養に集中してもらう事、また今後のがんの薬剤療養の発展のために働く仕事です。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談