他とは一味違うがん専門薬剤師の役割とは?

MENU

他とは一味違うがん専門薬剤師の役割とは?

なぜ、がん専門薬剤師と言った専門職が存在し認定試験などが必要なのかその理由を考えてみた時にたどり着く答えはシンプルに必要であるからです。

 

 

医薬業界も日々進歩し日々新しく素晴らしい効き目のある薬剤が研究され投与されています。

 

それは抗がん剤などにも該当しがんが不治の病であると言った事ももう現代ではなくなりました。

 

 

しかし、効き目の強い薬剤にはそれ相応のリスクが存在します。

 

例えば、副作用が生じたり過剰摂取や他の薬剤との併用・投与方法・体質アレルギーから生じるトラブルなど様々です。

 

 

そして、医師や看護師の間違った認識で取り返しのつかない事態になる事も絶対に防がなければなりません。

 

効き目が強いと言う事はイコール万が一間違った際の危険度も比例して高くなると言ったことでもあります。

 

 

ですが、リスクを理解し正しい投与方法をすれば防げる事もたくさんあるのです。

 

そういった医療事故やリスクを少しでも減らし安心して服用・投与してもらうことががん専門薬剤師の本来の役割です。

 

 

また、進化する薬剤によって助かる命は計り知れずその専門知識を活かし副作用の少ない効き目のある新薬の開発を行ったり、新たにがん専門薬剤師を目指すものへの指導やがんを抱える方やその家族などに公演活動などを行う事もがん専門薬剤師の役割のひとつでもあります。

 

 

多種多方面で活躍の場があり必要とされる責任ある仕事ですが、最終的にがん専門薬剤師はがん患者の為に役割を果たす事が最大の存在意義と言えます。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談