保健所で働く薬剤師の仕事や業務内容とは?

MENU

保健所で働く薬剤師の仕事や業務内容とは?

仕事を行う際にはその仕事に就いたらどのような業務をすることになるのかは是非とも知っておきたいですよね。漠然とであれば仕事の内容を知っている人もいるかもしれません。しかし、実際に働いてみるまでは詳しい仕事内容まではわからないですよね。

 

でも、これって当たり前のことに聞こえるかもしれませんが、結構危険なことかもしれません。自分が一生続けることになるかもしれない仕事の業務内容を完全に把握していないということですから、イメージと現実の間に考えられないくらいのギャップが生じる場合もあるということです。

 

ということで、こういった事態を避けるためにも、今回は保健所で働く薬剤師さんの詳しい業務内容ということを書いていきたいと思います。しかし、一口に保健所で働く薬剤師、という風に言ってもその業務内容は実に様々です。食品衛生や生活衛生といった仕事のほかにも水道衛生試験検査、廃棄物衛生、生活環境保全と実に様々です。

 

ざっくりとこれだけのことを書いてみましたが、他にあるような薬剤師資格を活かした仕事とは一味も二味も違ってきます。しかし、同じような作業を繰り返す病院薬剤師や薬局薬剤師と比べてみると、多くの仕事をこなす分仕事に対する飽きは来ないし、たくさんある仕事の中から自分なりのやりがいを見つけられるかもしれません。

 

保健所で働く薬剤師の仕事の多くに「〜衛生」という言葉が含まれていますが、これはその名の通り衛生基準に関する試験であったり基準を満たしているかなどの監視業務を指します。保健所で働いている薬剤師の人が日々こういった仕事に従事しているからこそ、私たちの身の回りの食品や施設などは清潔さを保つことができているのです。つまり、保健所で働いている薬剤師がいなければ、今の自分の身の周りにある環境は当たり前に存在しないということなのです。

 

そういう地域の衛生面などに関する業務を行うことで、人々の健康などを影から支えることができる。そういうやりがいを見出すことができるというのも保健所で働く薬剤師の魅力の一つではないかと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談