明るい転職!保健所の薬剤師に採用されるための適正とは?

MENU

明るい転職!保健所の薬剤師に採用されるための適正とは?

保健所で働く薬剤師になるためにはどうしたら良いのでしょう?当たり前ですが薬剤師資格を持っていること、公務員試験をパスしていることは求められます。

 

ですがそれは受験資格に過ぎず、それらをパスすれば保健所薬剤師になれるわけではありません。保健所薬剤師に採用されるためには、適正が必要です。

 

この人は保健所で薬剤師として働くことに向いている。そういう風に思われる人のほうが採用される確立は高いです、普通そうですよね。では、どういった人が保健所で働く薬剤師に向いているのでしょうか?

 

まず、保健所の薬剤師と一言でまとめていますが、その仕事内容は地域の衛生管理をはじめとして実に多いです。そういった仕事に加え、転勤などもありますから、一箇所にとどまっていたい、という人にはあまり向かないかもしれません。

 

また、水道衛生や公共施設の衛生調査を行う際には外部の人とも沢山かかわることになります。そういう時、相手の人に不快感を与えずコミュニケーションをとることができるのかというのも大事になってきます。

 

こういった能力に優れている人は保健所で働く薬剤師に適正があると考えて良いと思います。しかし、自分はこういった適正がないという人でも諦めないことが大切です。

 

適正というのは働いていく中でも身につけることのできるものですからね。ただ、実際面接などを行った場合、適正があると判断された人のほうが採用されやすいというのは事実ですから、できることなら働いてからではなく、もっと早くにこういった適正を身につけることをお勧めします。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談