転職前に考えよう!保健所の薬剤師のメリット・デメリット

MENU

転職前に考えよう!保健所の薬剤師のメリット・デメリット

仕事には色々な種類があります。それは当然ですが、就く仕事によってその仕事ならではのメリットやデメリットが存在するのです。しかし、意外にもこのことを理解しないで仕事選びをする人も多いのです。

 

そういった人は少なからず自分のその選択に後悔をするという場合もあるそうです。では、保健所で働く薬剤師の仕事にはどのようなメリット、デメリットが存在するのでしょうか?今回はそういったことを考えていきたいと思います。

 

まず、だれでも最初にその仕事に就くことで得られる良い効果、メリットから聞きたいですよね。そのほうがその仕事に対するやる気というものを感じられるはずです。保健所で働く薬剤師のメリットの一つとしては、仕事としての安定性が挙げられます。保健所で働く薬剤師は公務員ですから、他の仕事に比べたらかなり安定していると思いますし、リストラなどの心配もそんなにないでしょう。

 

また、公務員としてのメリットのもう一つに勤務時間というものがあります。一般の企業と違い残業などもあまりないですし、プライベートな時間をある程度確実に確保ができるのは魅力ではないでしょうか?業務内容としても地域の公衆衛生にかかわるものがおおいですから、そういったことにやりがいを見出す人も多いみたいです。

 

しかし、反面デメリットも存在します。業務内容によっては、薬剤師としての知識を活かしきれないという場合もありますし、公務員の宿命の一つですが、賃金の安さも大きな問題です。他の薬剤師資格を活かした職場と比べてみても、保健所で働く薬剤師の賃金は比較的安いもののようです。

 

賃金を選ぶのか、或るいは仕事の安定性を選ぶのか。仕事を選ぶ際に、自分がどちらを優先したいのか、ということも考えてみると良いでしょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談