保健所の薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

MENU

保健所の薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える

突然ですが、適正というのはとても大切です。一つのことをやろうとしたとき、適正のある人とない人ではそれを終わらせるまでの早さも正確さも丁寧さも全然違ってきます。

 

保健所の薬剤師として働きたいと思ったけれど、自分には保健所の薬剤師としての適正はあるのか。もっとわかりやすく言えば、自分は保健所薬剤師に向いているのかを考えるのも大事なことです。

 

面接などを行っても、適正がある人を保健所としても雇いたいと思いますし、面接官はプロですからそういう人を選別することに優れています。ですから自然適正のある人が保健所薬剤師にも採用されるのです。

 

保健所薬剤師という仕事は衛生面を中心に様々なことを行うのが仕事ですが、それをするまでにも薬剤師資格を取ったり公務員資格を受けて合格したりと、難しい問題がいくつもあります。そして働いてからも勉強の連続。

 

そうやってずっと勉強をしていく職業ですから、それが苦にならない、楽しめるという人は保健所薬剤師としての適正があると考えられます。そして、保健所薬剤師の場合、そういったことの他にも色々な仕事を任され、時には普通の薬剤師のように働く場合もあります。

 

色々な仕事を経験するのが保健所薬剤師という仕事ですが、それらの仕事に臨機応変に対応できるというのも大切な採用基準になります。実際にこれだけのスキルを身につけているという人はそんなにいないものですが、それでも多くの面接希望者の中から面接官は完璧に近い人を選び抜きます。

 

逆に言えば完璧でなくてもそれに近ければ採用される確立は高くなるということですから、日々の努力を怠らないようにしましょう。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談