保健所の薬剤師はやりがいがある?仕事の魅力について考える

MENU

保健所の薬剤師はやりがいがある?仕事の魅力について考える

仕事に対するやりがいというのはとても大切です。その仕事を続けるモチベーションにも直結しますし、誰しもできることならば自分の仕事に誇りを持ちたいですよね。

 

やりがいというのはそういった面ではとても大切になってくるのです。では、今回考えていきたいことなのですが、保健所で働く薬剤師にはどのようなやりがいがあるのでしょうか?やりがいを考えるうえで大切になってくるのはその仕事の仕事内容です。

 

保健所薬剤師の主な仕事は地域の衛星にかかわることが多いです。勿論他にも検査なども行うのですが、大部分には食品や水質の衛星がかかわってきます。これらは当たり前ですが、地域の安全を守る上では必要不可欠になってきます。

 

しかし、保健所薬剤師のこういった仕事は医師などと比べてみたとき、あまり直接的なやりがいを感じることはできません。どちらかというと縁の下の力持ちといったポジションですから当然ですね。

 

なので、保健所薬剤師の仕事にやりがいを見いだせないで辞めてしまうという人も決して少なくはありません。そういったことを考えた際には、地域に必要な保健所薬剤師がいなくなってしまった場合の地域の状況を想像してみてください。

 

それらを考えたとき、保健所薬剤師の必要性や存在意義が見いだせるのではないでしょうか?保健所薬剤師がしっかりと地域を支えてくれているからこそ、一般の人たちは安心して食品や水といった身体に入るものを何の抵抗もなく口にすることができるのです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談