管理薬剤師ってどんな仕事?その特徴やあり方を考えてみた(^_^)

MENU

管理薬剤師ってどんな仕事?その特徴やあり方を考えてみた(^_^)

薬剤師資格があれば試験や検定などなく管理薬剤師になる事ができるのですが、薬剤師と異なった仕事内容の特徴として管理・監督をしなければならないと言った事があげられます。

 

 

従業員に対しての指導や薬剤の管理・全てが薬事法に基づいているかの確認など薬剤を扱うにあたり管理薬剤師は必須であり薬剤に関しての最終判断は全て管理薬剤師となります。

 

その責任・判断能力・指導能力・知識こそが管理薬剤師の1番の特徴と言えます。

 

 

だからこそ、信用のおける人材でいなければなりません。

 

それはひとえに、知識がある経験があると言った事だけでは駄目なのです。

 

 

他の職種同様に、日々の業務の中から別の従業員や薬剤を買いに来られた方とコミュニケーションを図る。

 

それが一個人に対する信頼へと変わっていくはずです。

 

 

総合的にみて評価される事も、管理薬剤師の仕事の特徴のひとつです。

 

それは、あらゆる場面で管理薬剤師のそう言った能力が必要とされるからです。

 

 

例えば他の従業員の気持ちを考えながら人材を育てていく指導をしなければなりませんし、店舗に対しても過剰広告や間違った効能表示があれば指摘しなければなりません。

 

 

また、薬剤を買われる方は個人個人の体質・生活リズム・その日の体調・方針や薬の好みなどもありますので、そう言った事を聞きながらその人に合った薬剤の提供や服用方法などを伝える必要があります。

 

 

管理薬剤師の特徴としてあり方を考えた時、最終的には薬を服用する全ての患者さんの為を考える行動へと繋がるはずです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談