薬剤師の転職術!管理薬剤師の応募に年齢制限はあるの?

MENU

薬剤師の転職術!管理薬剤師の応募に年齢制限はあるの?

薬剤師と言っても、みな同じ待遇で働くわけではありません。薬剤師の中でも責任者といった立場の方がいます、その存在ですが“管理薬剤師”と言われています。いうなれば、店長のような存在になります。

 

現場で働く方のトップに立ちますので、それなりの経験を積んでからでなければいけません。若い方がなることは基本的にできません。ベテランでいくつかの職場を経験したような方が、管理薬剤師として仕事をすることができるわけです。

 

その管理薬剤師になるために転職をする方もいるのですが、年齢を期にされる方も多いでしょう。それでは、どれくらいの年齢がおすすめなのかを探ってみましょう。

 

ある程度の年齢のほうが採用されやすい

前記したように、経験を積まなければ管理薬剤師として働くことができません。20代や30代前半でなるのは、基本的に無理と言っても良いです。

 

可能性が出てくるのが30代後半ですが、できれば、40代以上のベテランのほうが適しています。中には50代でも転職に成功する方がいます。経験が必要になる仕事ですのでブランクはなく、なるべく長めに勤めていた方が転職時にも有利になると思ってください。

 

経験年数ですが、15年から20年くらいは必要とされることが多いようです。数年では難しいということを、基礎知識として覚えておきましょう。

 

また、経験する職場の数ですが、1カ所だけでは難しいことが多いです。せめて3カ所程度は経験している方が良いかもしれません。転職経験が多少ある方のほうが採用されやすいと思ってください。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談