管理薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

MENU

管理薬剤師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

管理薬剤師に向いている人と向いていない人がいます。管理薬剤師を目指しても、向いていない人は勤めることは難しいでしょう。

 

向いていない方でも、採用される可能性はあるかもしれません。しかし、どんどんと不具合が出てきてしまいまして、仕事を続けることができなくなる可能性もあります。自分は管理薬剤師に向いているのか、それとも向いていないのかをしっかりと判断して、目指すべきかを判定してください。

 

■経験について

 

管理薬剤師については、経験が非常に重要です。様々な現場で働いてきた経験がある方のほうが向いてる人となります。同じ職場でずっと働き続けるのも悪くはありません。しかし、経験という部分では対応力等に問題が出てきます。

 

いくつかの調剤薬局を経験したり、病院薬剤師を経験したりするのも有効です。将来的に管理薬剤師なる計画を立てましたら、早めにいくつかの職場を経験してみましょう。その経験が必ず管理薬剤師になった時に役立ちます。

 

また、薬局には転職ではいってくる方もいます。転職を経験していればそういった方の気持ちもよくわかるので、スムーズに部下と付き合うことができるようにもなります。

 

■勉強熱心である事

 

管理薬剤師に向いてる人と言えば、勉強熱心であるという事も重要です。新しい薬剤がたくさん薬局に入ってくることもあります。そちらにもしっかりと対応できるように、新しい知識を身につけることに貪欲でなければいけません。

 

医療関係の学会誌などを読むような毎日の努力も欠かさないようにすべきです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談