管理薬剤師の就職率・離職率について調べてみた件(^O^)/

MENU

管理薬剤師の就職率・離職率について調べてみた件(^O^)/

管理薬剤師として働こうと決意した時に注目したいのが、離職率というものになるでしょう。どのような職業でも、基本的に離職率は大事です。その仕事が働きやすいものなのか、それとも働きづらい仕事なのかを判定するひとつの基準になります。

 

管理薬剤師というものですが、しっかりとチェックするために注目していただきたいのが、医療系の仕事であるという事です。医療系の仕事はドクターや看護師の代表されるように転職が非常に多い職種になります。

 

薬剤師についても、離職率はかなり高めだと思ってください。そのような基準をしっかりと確認してから、管理薬剤師の離職率を見るべきです。

 

■薬剤師の離職率とは■

 

・10パーセント前後

 

職場にもよりますが、平均化をすると10パーセント前後になります。この数字は医療全体的な平均の数字とも言えます。ですので、特別薬剤師の離職率が高いわけではないと覚えておきましょう。

 

■管理薬剤師の離職率■

 

・薬剤師と同程度からやや少なめ

 

そもそも、管理薬剤師は一つの職場に一人となります。さらに高待遇になりますので、基本的に離職率は少なめになります。

 

ただし、責任のある仕事でもあります。仕事内容もハードになることも多いので、どうしても途中で辞めてしまう方も出てきてしまいます。部下の対応にも頭を悩ませる音が多くなります。

 

そういった意味合いから、離職率も一般的な薬剤師と同程度からやや少なめといったものになります。これから管理薬剤師を目指す方は参考にしてください。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談