管理薬剤師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

MENU

管理薬剤師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

管理薬剤師として就職を目指す場合には、しっかりとした面接対策が必要です。明らかに、薬剤師の転職よりも何度が高いので気をつけてください。

 

特に面接で気をつけるべきは、志望動機と自己PRです。その両方ともしっかりと聞かれますので、良い回答ができるように準備しておくことが肝心です。採用者側によってもその二つは聞いておきたいところなので、答えについては注目しています。

 

■管理薬剤師の面接と志望動機について

 

まずは志望動機ですが、2点注目してほしい事があります。そちらの回答ができていれば問題ありません。

 

・その職場に勤めたい理由
・その職場に管理薬剤師として勤めたい理由

 

以上の二つですが、採用者側が特に聞きたい事になります。その職場にどのような魅力があると感じて応募したのかを説明してください。さらに、その職場に管理薬剤師として勤めたい理由も合わせて答えます。

 

■管理薬剤師の面接と自己PRについて

 

今まで管理薬剤師としての経験がある方は、その職場での働きぶりなどを話すのがお勧めです。また、いままでは薬剤師で働いていて、管理薬剤師に転職を考えている方も少なくはありません。そのケースには、薬剤師としての働きぶりをアピールすべきです。

 

薬剤師経験のアピールも立派な自己アピールになるので問題ありません。管理薬剤師は、誰しも薬剤師をして働いていた方がなる存在です。薬剤師の仕事ぶりが評価できれば管理薬剤師も狙えるわけです。

 

■転職サイトで面接対策

 

面接がどうしても苦手な方もいます。転職サイトに登録してください。

 

転職サイトにいるコンサルタントの方と対策を練りましょう。模擬面接をしてくれるところもありますので、利用をして度胸をつけるのもお勧めです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談