他とは一味違う管理薬剤師の役割とは?

MENU

他とは一味違う管理薬剤師の役割とは?

管理薬剤師に転職された方が他の職の仕事内容と比べて明らかに違うのは責任感ややりがいと言うように給与面や待遇面ではなく精神的な充実感を答える事も多い。

 

 

それは、そもそも管理薬剤師の役割が単に薬剤を求める者に薬剤を提供するだけではなく、他の役割が存在し店舗や消費者に必要とされているからだ。

 

 

ただ薬剤を提供するだけならば他の従業員で充分だが、薬剤を取り扱う店舗にて管理薬剤師の配置が必須とされているのは、それなりの理由がある。

 

 

薬剤を必要としている者が薬剤を服用する際に一番不安に感じることは、何と言っても効能であったり副作用や服用の危険性・効能などである。

 

 

もちろん薬剤を服用する全ての者が、薬剤に対する知識が深いわけでもなく体質的にアレルギーがあったり多くの薬剤を服用していたり、あらゆる事が想定される。

 

 

薬剤知識がそれほどない者は薬剤に対しての不信感や不安感を感じる事も多々ありその不安を少しでも和らげ安心して正しく服用してもらう事、それこそが根本的に薬剤師全体の役割でもある。

 

 

その管理や監督・指導を行うことが管理薬剤師の仕事であり尚且つ存在意義でもある。

 

薬剤を提供する者を指導しサポートが必要な場合はサポートする。

 

店舗にて薬剤の管理を行い改善点があれば指摘する。

 

 

そしてより安全により安心してより効果的に薬剤を投与してもらう事、薬剤を必要とする者の回復を考える事、管理薬剤師の仕事や役割は全てそこに繋がる。

 

 

職務上他の場所で薬剤師として兼務して働くことを禁止されているのも、管理薬剤師の必要性・重要性の表れかと思う。

 

 

責任ある仕事だからこそ得られるやりがい、必要とされているからこそ生まれる精神的充実感、管理薬剤師としての役割を成し遂げた時それは感じる事ができるはずだ。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談