残業、夜勤、土日休み・・・管理薬剤師の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・管理薬剤師の実態は?

仕事をする時に、気になってしまうのが休みというものです。休みがしっかりと確保されているのか、という事はしっかりと考えて対策を立てなければいけません。

 

仕事に応募する時には休みについてどのような方針となっているのかをしっかりと確認しましょう。求人票に書いている事もありますし、見ても分からない時には、人事部の方に連絡をして、分からない部分をチェックしてみるべきです。

 

■管理薬剤師と残業

 

まずは、管理薬剤師の残業について考えてみましょう。まず薬局は基本的に営業時間が決まっています。病院の外来受付時間に合わせているような感じになります。

 

ただ、外来受付よりは少し長くかかる事もありますので、30分から1時間程度は対象病院の受け付け時間よりも長くなっていることが多いです。

 

残業については、それほど長くはありません。ただし、管理薬剤師ともなると、仕事も多くなりますので、多少の残業があるかも知れません。1日当たり1時間から2時間程度の残業が科せられる時もあります。

 

■管理薬剤師と夜勤

 

管理薬剤師の場合でも夜勤というものは基本的に考えなくてもよいです。薬局勤務の場合は、確実に夜勤はありません。

 

ドラッグストアの場合も深夜の0時頃までの開店時間で済むことが多いので、夜勤はないと考えても良いです。

 

■管理薬剤師と土日休み

 

管理薬剤師は、基本的に日曜日は休みになるケースが多いです。一方で、土曜日は勤務があります。ですので、土日が連続で休みになるケースは少ないです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談