漢方

MENU

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談

スポーツや趣味、仕事など、何にでもそれぞれに向き、不向きがあります。薬剤師と言う職業にも当然向いている人、向いていない人がいます。では、薬剤師、特に漢方薬剤師に向いている人とは、どのような適正を持っている人なのでしょうか。【漢方薬剤師に向いている人 その1:丁寧な人】漢方薬剤師に限らず、薬剤師全般に言える事ですが、丁寧な仕事ができる人が向いています。薬剤師はご存じの通り「薬」を扱う仕事です。「薬」...

漢方薬剤師にはどのような適正が必要でしょうか。漢方薬剤師として採用されるためにも、漢方薬剤師になった後、仕事を続けていくためにも知っていく必要がある事です。まず薬剤師全般的に必要な適正としては、以下のようなものがあります。■薬剤師全般的に必要な適正・責任感を持って仕事が出来る薬物という危険なものを扱うため、自分の仕事に責任を持ってあたる事ができるという力は必要不可欠です。「一歩間違えれば患者の症状...

新卒で漢方薬剤師になるためには、何はともあれ、まずは薬剤師の国家資格を取得しましょう。この資格は受験資格を得るためだけでも厳しい条件がありますが、薬剤師になる上で必ず必要な資格となりますので、資格取得は漢方薬剤師になるための必須条件です。また、国家資格以外にも「漢方」薬剤師なわけですから、漢方や生薬に関する深い専門知識や実勢経験が必要になります。知識を得るという目的であれば「日本薬剤師研修センター...

現在、薬剤師専門の就職・転職支援サイトはとてもたくさん存在しています。またサイトにもよりますが、大手サイトであれば数千件から数万件規模の求人数を誇る求人サイトも存在します。ただ、薬剤師という大きなカテゴリで見た場合、求人数はそれこそ数えきれないほど存在しますが、漢方薬剤師の求人数はその中でも決して多いと言える数ではないため、このような薬剤師専門サイトを有効に使いましょう。また、前述のような求人数が...

どんな仕事をしていても悩みもあれば辞めたいと思う事も1度や2度はあるでしょう。薬剤師、特に漢方薬剤師の抱える悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。漢方薬剤師は、基本的に残業は少ない、または、ほとんどなく、また、休日もちゃんと取得でき、急きょ休日出社すると言った事もほとんどありません。また、病院勤務の薬剤師とは違い夜勤も無く、勤務体系としては非常に働きやすい職場であると言えます。そのため、漢方薬...

漢方薬剤師の仕事の中で一番の特徴と言えば、扱う薬品の種類の中に、通常の調剤薬局で薬剤師が基本的に使用しない「漢方薬」が含まれるという事です。また、通常の調剤薬局の場合は、病院からの処方箋を元にした薬の調合、市販の各種薬の販売、それらの薬に関する効果、服用方法等の説明などを行うのに対して、漢方薬局の漢方薬剤師の仕事は、それら通常の調剤薬局の仕事ももちろん行いつつ、それ以外に、患者が悩んでいる症状の相...

薬剤師全体でみた場合の年収相場は約500万円〜550万円程度となっており、月収が約35万円〜40万円前後、ボーナスが80万円〜100万円前後となっています。一般的なサラリーマンの年収が約400万円〜450万円程度となっているため、薬剤師全体の年収相場は世間一般で見た場合、少し高めであると言えます。薬剤師の中で一番働いている人の割合の多い調剤薬局やドラッグストアの場合は、約450万円〜650万円程度...

漢方薬剤師の就職・転職試験では、適性検査や筆記試験と同じタイミングで小論文が試験として出てくるという事もあります。小論文が試験として出てくるのは決して稀なわけではないため、しっかりと準備して臨みましょう。【漢方薬剤師の就職・転職試験での小論文対策】漢方薬剤師の小論文対策と言っても、特別な事をする必要はありません。「漢方薬剤師になるための試験なのだから、漢方薬に関する専門的な知識がある事をとにかくア...

漢方薬剤師とは、数ある薬剤師の仕事の中の一つで、漢方薬を専門に扱う薬剤師の事を指します。とはいっても、通常の薬剤師との違いは、漢方薬を扱うかどうかというところだけなので、通常の薬剤師同様、ドラッグストアや調剤薬局、製薬会社など様々な就職先があります。ドラッグストアや調剤薬局での主な仕事としては、漢方薬の調合や販売です。通常の薬剤師同様、患者の処方箋に基づいて調剤を行ったり、その薬の効果や副作用など...

漢方薬剤師には残業、夜勤があるのでしょうか。また、休日はちゃんと週2日もらえるのでしょうか。■漢方薬剤師の残業漢方薬剤師が勤める漢方薬局は、大手チェーンのドラッグストアのような夜遅くまで営業しているようなところはほとんどなく、大抵の漢方薬局の営業時間は調剤薬局と同様、朝8時頃〜夜19時頃までです。そのため勤務時間はその営業時間内で8時間程度の勤務となります。多少の残業が発生する日もあるでしょうが、...