愚痴、苦悩、やめたい・・・漢方薬剤師の悩みで多いのはコレだ!

MENU

愚痴、苦悩、やめたい・・・漢方薬剤師の悩みで多いのはコレだ!

どんな仕事をしていても悩みもあれば辞めたいと思う事も1度や2度はあるでしょう。

 

薬剤師、特に漢方薬剤師の抱える悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

漢方薬剤師は、基本的に残業は少ない、または、ほとんどなく、また、休日もちゃんと取得でき、急きょ休日出社すると言った事もほとんどありません。

 

また、病院勤務の薬剤師とは違い夜勤も無く、勤務体系としては非常に働きやすい職場であると言えます。

 

そのため、漢方薬剤師の悩みとしてあがるものには、勤務時間や休日などといったものはあまりないようです。

 

ただ、漢方薬剤師固有の問題として、資格の更新があります。

 

漢方薬剤師には「漢方薬・生薬認定薬剤師制度」という資格があり、漢方薬剤師になるための必須となる資格と言うわけではありませんが、通常の薬剤師の国家資格とは違い、3年に一度研修を受けた上で更新しなければなりません。

 

この資格を持っていれば漢方薬剤師としての専門的な知識を持っている事を証明できるのですが、更新のたびに休日を削るか業務を休むかする必要があるため、面倒であると考える漢方薬剤師の人もいるようです。

 

また、一番多い悩みとしては、人間関係の悩みが多いようです。

 

上司や同僚との人間関係の悩みは他の職業と同様に当然存在しますが、漢方薬剤師の悩みとして多いのは患者との人間関係に関する悩みのようです。

 

漢方薬局には、西洋医学的な治療法では治らない症状を緩和するためにやってくる患者の方も多く、当然その症状を早く緩和したいと思っています。

 

しかし、漢方薬は時間をかけてゆっくりと症状が緩和していくものですし、当然効果には個人差も出ます。

 

このようなことに憤り、漢方薬剤師に対してその不満をぶつけてくる患者さんもいるのです。

 

そのような患者さんとどのように良好な人間関係を築いていったらいいのかという事が、特に漢方薬剤師になりたての人の悩みとして多くあがるようです。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談