一般の薬剤師と比べて漢方薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

MENU

一般の薬剤師と比べて漢方薬剤師の給料は高い?【月収・平均年収】

薬剤師全体でみた場合の年収相場は約500万円〜550万円程度となっており、月収が約35万円〜40万円前後、ボーナスが80万円〜100万円前後となっています。

 

一般的なサラリーマンの年収が約400万円〜450万円程度となっているため、薬剤師全体の年収相場は世間一般で見た場合、少し高めであると言えます。

 

薬剤師の中で一番働いている人の割合の多い調剤薬局やドラッグストアの場合は、約450万円〜650万円程度で、役職によっても異なり、店長クラスになると700万円以上の方もいます。

 

ではそんな薬剤師の中でも漢方薬剤師の場合はどうかと言うと、年収相場が約450万円〜500万円程度、月収が約30万円、ボーナスが80万円〜100万円前後で、調剤薬局やドラッグストアの店長のように、漢方薬剤師の場合も経験や実績などが考慮されるため、もっと年収が多い方もいるようです。

 

平均値で見てみると、一般的なサラリーマンと比べれば50万円程度高いようですが、薬剤師と言う職業全体の中で見た場合、年収相場は少し低いようです。

 

ただ、漢方薬剤師はその数自体がまだまだ少なく、採用する漢方薬局側は漢方薬未経験の方でも採用し教育していく環境を整えているところも少なくありません。

 

また、最近では一般的なドラッグストアなどでも漢方薬を使ったサプリメントや漢方薬そのものを扱っていくところもあり、一度漢方薬剤師として働いて漢方薬の知識を得ることで、その後の転職などが有利になるというメリットもあるようです。

 

就職、転職するにあたり、給料の額はとても大切ですが、それ以外のメリットやデメリットもしっかりと見極める事が大切です。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談