漢方薬剤師の転職対策!小論文の書き方・テーマ例文(^o^)/

MENU

漢方薬剤師の転職対策!小論文の書き方・テーマ例文(^o^)/

漢方薬剤師の就職・転職試験では、適性検査や筆記試験と同じタイミングで小論文が試験として出てくるという事もあります。

 

小論文が試験として出てくるのは決して稀なわけではないため、しっかりと準備して臨みましょう。

 

 

【漢方薬剤師の就職・転職試験での小論文対策】
漢方薬剤師の小論文対策と言っても、特別な事をする必要はありません。

 

「漢方薬剤師になるための試験なのだから、漢方薬に関する専門的な知識がある事をとにかくアピールするような小論文を書かなければ!」と考えてしまうかもしれませんが、漢方薬剤師の場合、そこまで専門的な知識を必要とする小論文を書く必要はありません。

 

漢方薬剤師は薬剤師の中でも少数派の職業であり、漢方薬の専門的な知識を持っている薬剤師は薬剤師全体の数パーセント程度です。

 

確かに漢方薬に関する専門的で深い知識がないと書けないような小論文が書けたほうが合格しやすいかもしれませんが、漢方薬剤師の採用試験を受ける薬剤師は、漢方薬の知識をほとんど持っていない人が多く、「漢方薬に関しては初心者です」という人が受験する事も珍しくありません。

 

そのため、漢方薬剤師の小論文で大切なのは、「一般的な小論文の書き方が出来ている」という事と「漢方薬剤師になるためのやる気や熱意を表現できている」という事なのです。

 

一般的な小論文の書き方(文章の構成など)については、非常にたくさんの書籍がありますので、そのような書籍に書かれている事を参考しましょう。

 

その上で、なぜ漢方薬剤師になりたいのかという事をやる気と熱意が伝わるように自分の言葉で書いてみましょう。

 

最初は文章を書くと言う事は想像以上に大変だという事を思い知るでしょうが、練習していくうちにスラスラ書けるようになりますので、何度も何度も練習する事が大切です。

 

えっ!絶対に失敗しない薬剤師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談